LOEWE 2018 AW KEY VISUAL

ロエベが2018年秋冬のメンズ広告でモデルにジョシュ・オコナーを起用。

Akihiro Takeji
BOOKMARK

ロエベの18秋冬コレクションも同時に展開。

「Loewe (ロエベ)」 が、2018年秋冬の広告キャンペーンのビジュアルを公開した。メインビジュアルのモデルに抜擢されたのは、イギリスのインディペンデント映画賞でベスト・アクター賞を受賞した若き俳優ジョシュ・オコナー。フォトグラファーには、スティーブン・マイゼルを起用した。
オコナーが古典小説『Madame Bovary』を読む姿をスティーブン・マイゼルが撮影したビジュアルが印象的な仕上がりとなっている。また、2006年に米Vogue誌の論説ページに使用されたマイゼルの写真を小説帯に採用することで、ロエベ独自のハードカバーを演出。そしてその写真の中では、アンチ・ヒロインをアンバー・ヴァレッタが魅惑的に演じている。

同時にフランス・パリにて、全20ルックで展開された秋冬コレクションを発表。アウトドアのフィーリングを感じさせ、カラーパレットもブラウンやモスなどアーシーなカラーを使用。クラシカルなアイテムに巧みなクラフツの技(パッチワーク、スティッチング等)が施された注目のコレクションとなっている。

LOEWE 2018 AW KEY VISUAL

【問い合わせ】
ロエベ プレスルーム
03-3404-0220
http://www.loewe.com/


FOLLOW US

pickup JOURNALS