JAPANESE TARROT CARD

麻羽たんぽぽの著作『和ハーブ』とタロットの融合

Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)
BOOKMARK
麻羽たんぽぽの著作『和ハーブ』とタロットの融合

日本人らしい心の豊かさを、身近な植物の物語で知る

“和ハーブ”とは江戸時代以前から日本に自生し、日本人の暮らしを営む助けとなった有用植物を指す。健やかさや美しさ、感性を育むものとして、日本人にとって身近に存在してきた植物だ。

この度、和ハーブが描かれた『和ハーブタロット』が登場。ウェイト版タロット大アルカナ22枚の構成をベースに、1枚のカードに2つの和ハーブの絵柄と意味を添えたユニークなアイテムだ。

イラストを手掛けたのは世界的ベストセラー「アルケミスト」翻訳本挿絵を描き、書籍や広告などで著名なイラストレーター、平尾香氏。彼女の優しく魅力的な絵柄と、著者である麻羽たんぽぽ氏書き下ろしの「日本人の心に寄り添う物語とメッセージ」が魅力の一品だ。

平尾香がイラストを担当

“麻羽たんぽぽ“和ハーブ”とは江戸時代以前から日本に自生し、日本人の暮らしを営む助けとなった有用植物を指す。健やかさや美しさ、感性を育むものとして、日本人にとって身近に存在してきた植物だ。

この度、和ハーブが描かれた『和ハーブタロット』が登場。ウェイト版タロット大アルカナ22枚の構成をベースに、1枚のカードに2つの和ハーブの絵柄と意味を添えたユニークなアイテムだ。

イラストを手掛けたのは世界的ベストセラー「アルケミスト」翻訳本挿絵を描き、書籍や広告などで著名なイラストレーター、平尾香氏。彼女の優しく魅力的な絵柄と、著者である麻羽たんぽぽ氏書き下ろしの「日本人の心に寄り添う物語とメッセージ」が魅力の一品だ。

本来ウェイト版タロットが持つ意味に和ハーブを添えた“和ハーブタロットの物語”がカード一枚ごとに文章で綴られ、絵柄でも表現している。

本来ウェイト版タロットが持つ意味に和ハーブを添えた“和ハーブタロットの物語”がカード一枚ごとに文章で綴られ、絵柄でも表現されている。カードを使う人が占いの手順を知らなくても、1枚のカードから気づきや悩みの解決のヒントを得やすくなるよう、そして自己洞察へ進めるように構成されている。

また同封の書籍には、カードの意味、カードの物語、和ハーブのメッセージのほか、登場する44の和ハーブについて、学名・別名・薬効・歴史について解説が記載され、手軽な和ハーブ辞典になっている。

『和ハーブタロット』について作者の麻羽たんぽぽ氏は、「和ハーブタロットを通じて、楽しさと、暮らしの豊かさと、そしてなによりも“希望”が溢れていくことを願っています。“占い氏師として、どんな時も希望を見出していこう、伝えていこう”という想いと和ハーブとの出会いが、和ハーブタロット誕生のきっかけになりました」と語った。

麻羽たんぽぽ|Tanpopo Asaha
(株)森と紙ひこうき代表取締役/(一社)はこねのもりコンソーシアムジャパン理事/(株)日本クラウドキャピタルWeb担当顧問。
1972年東京生まれ。Webサービス系の企業で10年間、Webサービス企画に携わったのち、占いを学び、占い館等に出演。さらに西洋占星術の関連からハーブに興味を持ち、ハーブを学ぶ。「生活を楽しみ、こころ豊かに暮らすこと」をテーマに、3つの癒し「占い・ハーブ・森林」を研究し実践している。
和ハーブコーディネーター/占い師(西洋占星術、タロット)/ハーバルセラピスト/森林セラピスト/産業カウンセラー

平尾香|Kaori Hirao
神戸生まれ。嵯峨美術短期大学卒。広告制作会社、嵯峨美術短期非常勤助手を経てフリーのイラストレーターに。現在は湘南逗子の小山にアトリエを構え、旅や自然からインスピレーションを受けた作風で書籍、雑誌、商品企画、広告などで活躍する傍ら、エッセイの連載や個展も数多く開催。世界的ベストセラー『アルケミスト』などパウロ・コエーリョの翻訳本の挿画を担当。

【Kaori Hirao SNS】
Instagram
Facebook

和ハーブタロット
著者|麻羽たんぽぽ
出版社|株式会社森と紙ひこうき
監修|一般社団法人和ハーブ協会 http://wa-herb.com
頁数|50頁
カード枚数|大アルカナ22枚
サイズ|(カード)W7×L13㎝、(箱)W8.6 x L14.7 xH 1.8 cm
価格|3000円(税別)

【問い合わせ】
和ハーブタロット オフィシャルサイト
http://waherb-tarot.jp


FOLLOW US

pickup JOURNALS