日常に彩りをあたえるストアガイド

Nui. Hostel & Bar Lounge

写真:TRVS 文:野村優歩
BOOKMARK
Nui. Hostel & Bar Lounge

ものづくりの街に根付く、居心地のいい空間

古くから続く工房や卸問屋などが立ち並び、ものづくりの街として知られる東京・台東区蔵前。レトロな雰囲気と人情味溢れる街並みには、日本特有の趣のある懐かしさを感じることができる。そんな蔵前に今、話題となっているひとつのスポットがある。隅田川沿い、厩橋近くにある「Nui.(ヌイ)」と名付けられたそこは、低価格帯の宿泊施設にカフェ&バーラウンジを併設した施設である。

同店は、入谷にあるゲストハウス「toco.(トコ)」に続く2号店として2012年9月にオープンした。「弊社の代表がオーストラリアで1年半ほどバックパッカーとして旅をしていたことがきっかけで、様々な人が集える”居場所”を作れないかと考えたんです。その手段が宿であり、バーラウンジだったっていうだけなんですよね。都心ではなく、この立地を選んだのも、観光資源があることと空港からのアクセスの良い東寄りのエリアで探していたからなんです」。とマネージャーの宮嶌智子さん。

江戸時代から続く玩具店の倉庫をリノベーションした建物は、全国の大工さん、職人さんと共に「機械ではなく自らの手で、マニュアルよりもそこに居る人の意志を大切にした宿づくりをしたい」。という想いを込めて作り上げられている。1階部分は宿泊者に限らず、誰でも利用可能なカフェとバーラウンジが設けられ、地元住民はもちろん、観光で訪れる外国人など、多様な人々が自由に行き来している。2階から5階までの上階はホステルとしての宿泊施設となっており、個室(6800円〜)と相部屋(¥2700円~)が用意され、シャワーやキッチンなどは館内の共用スペースとして常時利用できる。

「この蔵前エリアでは月に一度、第一土曜日に地域活性のイベントが開催されています。周辺のお店を周遊できるマップが作られ、ワークショップをするお店があったり、プレゼントを配るお店があったり、Nui.でも普段は販売しないものを限定で販売したりして、蔵前の街の魅力を少しでも伝えられたらと思っています」。そう話す宮嶌さんの見つめる先には、国籍や職業を超えて、様々な人々が混ざり合う新しいコミュニティの姿が映っている。垣根なしに人が集うことで生まれる新しいコミュニケーション。SNSだけではなく、フィジカルな出会いが待つ「Nui.」は今日もさまざまな人たちで賑わっているはずだ。

【EVENT INFO】
月イチ蔵前
www.monthly-kuramae.com

Nui.
東京都台東区蔵前2-14-13
OPEN 8:00-23:00(CAFE) 18:00-24:30 (BAR LOUNGE) ※不定休
TEL 03-6240-9854
Nui: Hostel & Bar Lounge


FOLLOW US

pickup JOURNALS