日常に彩りをあたえるストアガイド

The Workers Coffee/Bar, Stall

写真:TRVS 文:野村優歩
BOOKMARK
The Workers Coffee/Bar, Stall

多様なコミュニケーションが生まれる、中目黒の新名所

レストラン、コーヒーバー、ラウンジ、そしてシェアオフィスを併設する『The Works』は、中目黒の中心地から少し外れた目黒川沿いにある複合型のコミュニケーションプレイス。プロデュースしたのは、数多くのファッションブランドのケータリングなどを手掛けるTRANSITグループ。設立の中核を担ったトランジットクルーの代表取締役、渡辺桂志さんはオープンのきっかけをこう話す。

「もともとケータリングやイベントの活動の中で培った企画力を表現できる場所を探していたんです。同時に進めていたウエディング事業を行えるスペースも必要だった。それらを叶える場所がまさにここだったんです」。

「駅から少し離れていて、利便性だけ見ると決していい場所ではなかったんですが、1Fの天井の高さとフロアの大きさが魅力的で、非常に良いイメージが膨らむ物件でした。そして何より中目黒という街が独自のコミュニティを形成していて、”わざわざ行きたい”という思いを抱かせる何かがある。そんな街の魅力に導かれたのかもしれません」。築45年の倉庫兼事務所だった建物をリノベーションし、古びた倉庫の雰囲気を活かしつつ、NYのリノベーションホテルを彷彿とさせる。その洗練された佇まいが自然と街に馴染んでいるように思える。

カフェラテ 430円 カップケーキ 390円 オリジナルタンブラー 1500円(すべて税込)

「レストラン「Stall」の中に朝の8時からオープンしているコーヒースタンドと、ブックショップを併設して様々な目的やシーンで使用できるのが特徴です。レストランは、月ごとに変わるテーマに基づいたコースメニューがオススメで、メニューのイラストはお客様を飽きさせないよう毎日変えているんです。青葉台という土地柄、近隣にはクリエイティブな職種の方や感度の高い方々が多いので、朝食からランチ、ディナーと多様なシーンでご利用いただいていますね」。
シェアオフィスに入居するクリエイターはもちろん、買い物客や近隣の住民が気軽にランチやコーヒーブレイクに訪れる。来る人を限定しないオープンな雰囲気とサービスは、東京という街の多様性にフィットしたコミュニケーションプレイスの新しいカタチと言えるだろう。“さまざまな人たちが交差する憩いの場を作りたい”。そんなトランジットクルーの意志が感じられる中目黒の新名所で、今日もまた新しいコミュニケーションが生まれていくに違いない。

The Workers Coffee/Bar, Stall
東京都目黒区青葉台3-18-3
OPEN 8:00-23:00
www.theworks.tokyo


FOLLOW US

pickup JOURNALS