Japanese Pop Recording Engineer

レコードブームを解き明かす!日本のポップス史を知る書籍が誕生。

Akihiro Takeji
BOOKMARK
レコードブームを解き明かす!日本のポップス史を知る書籍が誕生。

誰もが知る楽曲のレコード・エンジニアによる初著作!

坂本九「見上げてごらん夜の星を」(1963年)、弘田三枝子「私のベイビー」(1963年)、欧陽菲菲「雨の御堂筋」(1971年)、ドリフターズ「ドリフのズンドコ節」(1969年)、太田裕美「木綿のハンカチーフ」(1975年)など……。

伝説のレコーディング・エンジニア、行方洋一によって録音された誰もが知るこれらの楽曲。その行方洋一が自身のキャリアを総括する初の著書『音職人・行方洋一 伝説のレコーディング・エンジニアが求め続けた音(仮)』を出版する。

名だたる歌手やミュージシャンとの録音秘話や、日本の録音スタジオが発展していく様子を記した本書。音楽と録音を愛し、型破りな「東芝の不良社員」としても名を轟かせた、行方本人だからこそ語れる、もうひとつの「日本ポップス史」とも言えるだろう。

『音職人・行方洋一 伝説のレコーディング・エンジニアが求め続けた音(仮)』
行方洋一[著] 2,500円+税

【問い合わせ】
ディスクユニオン
03-3511-2722
http://diskunion.net/dubooks/

音職人・行方洋一 伝説のレコーディング・エンジニアが求め続けた音
音職人・行方洋一 伝説のレコーディング・エンジニアが求め続けた音
音職人・行方洋一 伝説のレコーディング・エンジニアが求め続けた音


FOLLOW US

pickup JOURNALS