ART HISTORY FROM NOW

2010年代で注目すべき、現代美術のキーワード100が丸わかり!

Akihiro Takeji
BOOKMARK
2010年代で注目すべき、現代美術のキーワード100が丸わかり!

これからの10年を見通すためのヒントがつまった必携の1冊。

同時代の社会と人間の多様な側面をうつしだす現代美術。とくにこの10年は、政治や経済、環境問題から、SNSの普及や人工知能などのテクノロジーの発展まで、人間を取り巻く世界にはめまぐるしい変化が起き、美術の動向も多様化しています。

美術手帖 これからの美術がわかるキーワード100
美術手帖 これからの美術がわかるキーワード100

日本を代表する美術雑誌『美術手帖』の最新12月号では、ポスト3.11、人工知能とポストヒューマン、グローバル・アートヒストリー、アート・アーカイヴetc…..2010年代で注目すべきアートの動向、新概念を100のキーワードで解説。そんな2010年代の現代美術において注目すべき動向をまとめた、最新の美術事典ともいえる特集となっています。

欧米、日本およびアジアの美術動向、美学、テクノロジー、キュレーション、保存修復、アート・マーケットなど11のカテゴリーにわけ、各分野の研究者たちが具体的な作品ビジュアルを交えて読み解きます。キーワードには、グローバル・アートヒストリー、表現規制、バイオ・アート、人工知能、アート・アーカイヴ、ソーシャリー・エンゲイジド・アートなど、2010年代に目にするようになった動向や現象が挙げられ、背景や具体的な作品を簡潔にまとめます。

美術手帖 これからの美術がわかるキーワード100

また、この10年の世界の美術動向をたどった年表、2020年代の美術の展望を語った黒瀬陽平、椹木野衣らのエッセイも掲載。この10年、そしてこれからの10年を見通すためのヒントがつまった、美術に携わるあらゆる人にとって必読の1冊といえるだろう。

美術手帖 これからの美術がわかるキーワード100

【問い合わせ】
『美術手帖』公式サイト
http://www.bijutsu.press/books/2017/11/100.html


FOLLOW US

pickup JOURNALS