日常に彩りをあたえるストアガイド

BOOK AND SONS
「文字」にまつわる専門古書店。

写真:TRVS  文:野村優歩
BOOKMARK
BOOK AND SONS<br />「文字」にまつわる専門古書店。

タイポグラフィの本を探すなら。コーヒースタンドを併設したブックストアへ。

近年、個性のあるショップが軒並み連ねる東横線沿いにある街。その中でも衣食住にまつわるお店が充実する学芸大学エリア。駅から徒歩で数分、商店街とは反対の住宅街にひっそりと構えるお店が今回ご紹介する『BOOK AND SONS(ブック アンド サンズ)』。白く塗られた外壁の中央には、鉄格子で枠組みされたガラス扉のファサードが設けられている。中へと進むと窓からは綺麗な自然光が差し込み、天井から吊るされたスピーカーや間接照明などがくつろぎのある空間を演出してくれる。店内には落ち着きのある雰囲気が漂い、ゆっくりと本を眺めていられる心地良い時間が流れている。

BOOK AND SONS
BOOK AND SONS
BOOK AND SONS
BOOK AND SONS
BOOK AND SONS
BOOK AND SONS
BOOK AND SONS

壁際の棚に並べられる書物の多くは、お店の特徴でもある欧文、英文様々なタイポグラフィに関連する本がほとんどで、蔵書数は1000冊を超えるという。国内でも随一の品揃えだ。他にも国内外を問わない写真家による写真集やアートブック、書籍もラインナップする。さらにオリジナルの文具品やトートバッグなどのグッズも販売され、ついついスーベニア感覚で買ってしまいたくなるアイテムも充実する。店内に唯一ある一人掛けのヴィンテージソファーも貴重な家具でありながら、実際に腰掛けながら本を読むことも可能なのだそう。

BOOK AND SONS
BOOK AND SONS
BOOK AND SONS
BOOK AND SONS
BOOK AND SONS

ガラス張りの扉で仕切られた店内奥には、ショップインタイプのギャラリールームも用意される。こちらでは定期的に展示される内容が変わり、不定期でワークショップや個展、各種イベントなどが開催されるのだという。本を眺めながら、アートにも触れられて、まるで本屋と美術館を同時に体験できてしまうような空間は、訪れる人に贅沢な時間を与えてくれる。なにかわかないことがあれば、アートや本に明るいスタッフが常時親切にサポートしてくれて、さらにはコーヒーまで飲めてしまうというまさに至れり尽くせりなスポットだ。

BOOK AND SONS
『TASTY STORIES』 Legendary Food Brands and Their Typefaces
伝統的なフードブランドとそのロゴとタイプフェイスをまとめた一冊。ペリエやキットカット、ペプシ、ハイネケン、ケロッグ、コカコーラなど日本でも知られている有名フードブランドのタイプフェイスの歴史と今を記録。¥3,200

BOOK AND SONS
『タイポグラフィの読み方』小泉均
丸、四角、線を使った平面構成から始まり、12のセクションに分けてタイポグラフィの実戦的な読み方を説き明かす。アートとデザインに求人誌『デザインの現場』に1997年から99年にかけて連載されたものをまとめ、加筆した一冊。¥2,700

BOOK AND SONS
『Pioneer of Swiss Graphic Design』Josef Muller–Brockman
スイスのタイポグラファー兼グラフィックデザイナーであるヨゼフ・ミューラー=ブロックマンによる作品集。彼のポスターや現代のグラフィックデザインに多大な影響を与えたグリッド・システムなどがカラーでまとめて収録される。¥24,000


BOOK AND SONS

活字離れが叫ばれる昨今、それはアートに特化した書物にとっても同じことが言えるのかもしれない。手に取る人にとって知性とひらめきを、そして現実とは少し異なる時間を提供してくれるはず書物に改めてその確かな価値を与えてくれる『BOOK AND SONS』は、現代の出版小売の業界にとって希有な存在だ。デザイナーという特質的な視点から紡がれる数々の書籍は、その分野に属する人々以外にも新しい発見があるに違いない。タイポグラフィやアート関連のブックを求めに訪れるもよし、近くに来たついでに立ち寄るもよし。まずは、その空間を思う存分味わってみることから始めてみてはどうだろう。

BOOK AND SONS
東京都目黒区鷹番2-13-3 キャトル鷹番
OPEN 12:00-19:00 *不定休
TEL 03-6451-0845
www.bookandsons.com


FOLLOW US

pickup JOURNALS