LifeWear Simple made better 02

日常を豊かにする服とモノの話。

写真:木寺紀雄 編集:kontakt
カバーデザイン:菅谷幸生
BOOKMARK
日常を豊かにする服とモノの話。

例えばパーカやチノ。毎日身につける洋服は、日々を生きていくための相棒のような存在と言える。そして洋服以外の食・住にまつわるモノも同様に、生活に豊かさをもたらしてくれる大切なもの。大小さまざまなイノベーションを取り入れ、日々アップデートを続けるUNIQLOの “LifeWear”とともに、毎日の生活を豊かにするモノをピックアップ。5人の選者が生きる上で欠かせない、服とモノについて。

Selector 03:MEISA FUJISHIRO (Photographer)
UNIQLO LifeWearUNIQLO LifeWear

《montrail》
BAJADA2 outdry

×

《UNIQLO》
Ultra Light Down Jacket

《montrail》のトレランシューズは普段履きもしていて、一般的なジョギングシューズやスニーカーとは違うカラーリングが気に入っています。天候や道の状態に左右されることなく、どこでも歩いていける万能シューズとして、旅などには必ず持参する一足です。一方、防水性能があるダウンは、雨を気にせず、ポケッタブルでファッション性も維持できるアイテム。いいマッチングとして思いつきました。どこにでも一緒に行けるというのは相棒としてこれ以上ないですね。

About:《montrail》BAJADA2 outdry
当時主流だった重いブーツを快適なアウトドアブーツに作り替えたことから始まった〈Montrail〉。2015年に発売されたBAJADA2 outdryは、雨や雪にも対応するアウトドライモデル。クッション性の高いミッドソールと、優れたフィット感で、長距離ランからスピードハイクまで幅広く対応する。

About:《UNIQLO》Ultra Light Down Jacket
薄くて軽いのに、暖かく、撥水効果も高いウルトラライトダウン。裏地にはアルミプリントを採用することで、保温性を向上させた。ムダのないシルエットは、ジャケットやコートのインナーダウンとしても着ぶくれせず、すっきりと決まり、付属のポーチにコンパクトに収納できるため、旅行などのシーンで活躍する。¥6,990+tax/ユニクロ・ジーユー オンラインストアお客様窓口・0120-170-296

UNIQLO LifeWearUNIQLO LifeWear

《Canon》
EOS M10

×

《UNIQLO》
Supima Cotton Boxer briefs

下着は、まさにベーシックアイテム。毎日、欠かすことのできないアイテムだからこそ肌触りやはき心地にはこだわりたいものです。また、カメラマンの自分としてはやはりカメラの存在は生活の中心にあるもの。最近、普段使い用として手に入れた《Canon》EOS M10は、携帯性と映りのバランスが秀逸な上に、交換レンズやアクセサリーのバラエティー豊かなところが気に入っています。100台以上のカメラを所有してきましたが、カラーバリエーションの豊富さと高級感がたまりません。持つたびに新鮮で、どちらも自分の生活に欠かすことの出来ないアイテムです。

About:《Canon》EOS M10
軽量化された301gほどのコンパクトさに加え、女性の手にもなじむ丸みのある形状。ホワイト、グレー、ブラックの3色展開に7色のフェイスジャケット、2色のグリップを組み合わせて27通りのスタイルが楽しめるため、自分のオリジナルカメラを手に入れられる。

About:《UNIQLO》Supima Cotton Boxer briefs
フィット感抜群の抗菌防臭機能付きボクサーブリーフ。世界中の全綿花生産量の約1パーセント未満しか採れない、希少性の高いスーピマコットンを使用することで、やわらかな肌触りが実現した。絹のような光沢と発色の良さも特徴。¥590+tax/ユニクロ・ジーユー オンラインストアお客様窓口・0120-170-296

 ▷ その他のSELECTはこちら
 ▷ UNIQLO LifeWearについてはこちら
 ▷ 日常を豊かにする服とモノの話 Vol.1はこちら

about him

Photographer
Meisa Fujishiro

1967年千葉県生まれの写真家。講談社出版文化賞写真賞。代表作に写真集『ライドライドライド』(スイッチパブリッシング)、『もう、家へ帰ろう』(ロッキングオン)、『肉』(集英社)、小説には、『クレーターと巨乳』(スイッチパブリッシング)、『ドライブ』(宝島社)などがある。また、2016年2月に青幻舎より新写真集「sketches of tokyo」を出版する。
HP : www.meisafujishiro.com

>> 次ページ Selector 04:TIM BARBER(Photographer)

1 2

FOLLOW US

pickup JOURNALS