ART AND ARTIST

ニック・ワプリントン
”アーティストという生き方”

作品:Nick Waplington
取材・文:須々田 美和 (Dashwood Books)
カバーデザイン:菅谷幸生 編集:kontakt
BOOKMARK
ニック・ワプリントン<br />”アーティストという生き方”

ここ日本で、「アートは育たない」と言われて久しい。アートと日常の間に横たわる大きな溝を埋めるのはそう簡単なことじゃない。しかし、アーティストとして自己表現を続ける生き方は確かに存在する。アートとは? アーティストとは? 彼らの意志の片鱗に触れ、存在を少しだけ手繰り寄せるための対話。NYのノーホーで良質な写真/作品集を揃えるブックショップ「Dashwood Books」のマネージャーを務め、アート・写真に造詣が深い須々田 美和さんを迎え、彼の言葉を訊いた。

VOICE of NICK WAPLINGTON(ニック・ワプリントン)

アーティストである故ダッシュ・スノーのパートナーでファッション誌の編集者、ジェイド・バロウさんが「Let’s Panic/issue2」(www.letspanic.tv)というアート・カルチャー誌を今年6月に発刊しました。本誌はコンサバティブなアートディレクションが目立つ従来のアメリカの雑誌とは異なり、ニック・セッスなどの新鋭作家とマリオ・テスティノら大御所作家を一緒に起用したり、またロバート・メープルソープに多大な影響を与えたニューオリンズ出身の故ジョージ・ デュローが制作したアンピュティの黒人男性や小人のヌード写真を掲載するなど奇抜な内容のカルチャー誌です。アンディー・ウォーホールが60年代後半に創刊した「Interview」マガジンと同じく厚紙の大判で装丁された 「Let’s Panic」は、ニューヨークのファッション・アート業界で今、最も話題を集め、私が働くダッシュウッドブックスでも高い人気を得ています。
 
今回は「Let’s Panic」の特別付録のジン「Burn Bright Out Of My Darkness Sunshi」を制作したイギリス出身のアーティスト、ニック・ワプリントンさんに話を聞きました。ニックは、若干26歳にして写真集「Living Room」を発刊し、写真業界から高い称賛を受け華々しくデビューし、また今年の春にはTate Britianで、20世紀最高のファッション・デザイナーの一人と称される故アレキサンダー・マックイーンの写真展を開催するなど、美術・出版業界の第一線で活躍するニューヨーク在住の作家です。
 
若くして大きな成功をおさめたアーティストは、時代の流れの中でどのようにして自身のスタイルを貫き、作品制作において何を重要視しているのか? アート(自己の芸術表現)とファッション(商業的な芸術表現)の関係をどのように捉えているのでしょう?

須々田:ファッション誌「Let’s Panic」とのコラボレート企画「Burn Bright Out Of My Darkness Sunshine」の出版おめでとうございます。どのような経緯で「Let’s Panic」誌のためにジンを作ることになったのですか?

Miwa Susuda:Congratulation on your collaboration with Let’s Panic.  Please tell us how you started making this zine for their issue.

ニック・ワプリントン:最初は「Let’s Panic」誌の方から連絡があって、紙面での協力を求められたんだけど、ジンを特別付録として制作する方が面白そうだなと思って僕からこの案を出したんだ。僕はいつも何か新しい方法を通して作品を発表することを心がけているんだ。
 
Nick Waplington:They approached me and asked if I had anything I would like them to consider for the second edition of the magazine, so rather had just give them work for the issue I thought I would push them so I proposed a supplement or zine if you want to call it that. I am always looking for new ways of working and this gave me something to sink my teeth into.

「作品は一つの考えの表明であって、他の人に開かれた解釈の場をもたらしているだけなんだ」

須々田:「Burn Bright Out Of My Darkness Sunshine」 はどんな作品ですか?

Susuda:What does this title “Burn Bright Out Of My Darkness Sunshine” mean to you?  

ニック:このジンはある特定の人に向けて作ろうと思って、タイトルはとてもプライベートな想いが込められているんだ。それから去年の夏に突然、89年から93年に撮影したニューヨークの写真とコラージュの作品を組み合わせたら面白いだろうなって思いついたんだ。でも作品って、自分にとってどんな意味があって制作されたかはどうでもいいんだよね。見る人がどう見てくれるかが大事だと思っているんだ。自分の作品は一つの考えの表明であって、他の人に開かれた解釈の場をもたらしているだけなんだから。僕の作品が願わくば、見る人の暗い闇としてとらわれたり、輝かしい光として受け取られたりすると嬉しい。そして、誰かの救いになれたら最高だよ。でも、何も感じてもらえないこともあるけど、それでもいいと思っているよ。このジンのタイトルは、見る人自身が世界観を考えてもらうことを期待してつけたんだ。そこに事実や現実なんて存在しない、解釈のみがあるだけさ。

Nick:The title is very personnel it doesn’t refer to the period when the pictures were taken 89-93 but to my state of mind in the summer of 2014 when the sketchbooks that are collected in the zine were made and juxtaposed with the photos and paintings. It is a message to someone, one person in particular. But of course what it means to me it not really that important, it is what it says to the viewer that really matters, it is a statement that is open to interpretation. It can be whatever you want it to be, I want it to be about your darkness, your sunshine and ultimately your salvation and if it doesn’t happen there is no darkness or sunshine for the viewer then that is the story to. It is an ambiguous title to enable the viewer to dream and consider their own world within the constructed context of my work. There are no facts only interpretations.

「アートがなければ、僕はとうの昔に死んじゃっていたよ」

須々田:写真と絵を合わせて作品を発表することをどう思いますか? 2003年にミゲル・カルデロンと“Terry Painter”とグラフィックノベルを制作しましたね。写真を撮ることと、絵を描くことはどちらが好きですか?

Susuda:Do you enjoy putting your painting and photography together for this issue? You have worked graphic novel, “Terry Painter” with Miguel Calderon back in 2003.  Do you enjoy making graphic novel/painting as much as photography?

ニック:僕がやろうとしていることは、創ることだよ。アーティストとして、ただ作品を創りたいだけなんだ。それが写真でも絵でも、彫刻でも音楽でも料理でもなんだっていいんだ。この生き方は僕が神様から与えられた人生であって、僕だけに与えられた仕事なんだ。制作することは、僕に喜びと幸せを与えてくれる。もちろん、苦しみや悲しみも与えてくる。制作できなくなったら、僕は何者でもなくなってしまう。僕を衝き動かして生かしてくれるのは制作することなんだ。もし制作することをやめたら、とても暗い心理状態に陥ってしまう。アートがなければ、僕はとうの昔に死んじゃっていたよ。本当にアートと出会えて良かったと思う。
 僕は違うメディアを使って制作する過程を、とても楽しんでいる。ミゲルとグラフィックノベルを作ったのは面白い体験だった。彼と僕は、モノの考え方や感じ方が似ている。僕たちの間でたった一つの違いは、ミゲルはとても男前なところ。僕ははっきり言ってブ男なんだ。テリーペインターの最初の姿がミゲルで、終わりが僕みたいなんだ。実は僕たち、その時期に共同で写真の制作もしているんだよ。出版してくれる会社が見つかったら、いつか発表したいな。

Nick:What I do is create, I am an artist and on a basic level this is just about making things, this can be anything, photography, painting, sculpture music or food even. This is my life, a calling, a necessity for me to survive. It brings me nothing but joy and happiness but also a lot of pain sometimes. Without the ability to create I would be nothing, it keeps my mind active and takes me out of the dark spaces my subconscious travels to when I am not working. On a simple level it is a device to keep me alive. Without art I might already be dead, I am very lucky I have art without it I am nothing. I enjoy working in different media, I enjoy the process of artistic endeavor. Making the graphic novel with Miguel was an amazing experience, we are very similar in our mindsets. The only real difference between us is he is very handsome and I am ugly, he is perhaps the beginning of Terry Painter and I am the end! We also have an amazing set of photos we made together which I would like to publish one day if I can find a publisher. 

須々田:最初に始めたのは絵を描くこと? それとも写真ですか? 好きな画家はだれですか?

Suzuda:Did you first take a photo and do painting later? Who is your favorite painter?

ニック:誰だって、幼稚園で絵を描くことから始めて、写真を撮り始めるのは後からなんじゃない。10代の頃、僕は鳥類学に凝っていて、鳥みたいに現実から逃避したいなっていつも思っていたんだ。僕は「The Birds of Britain and Europe」っていう本を持っていて、今だに手元にその本があるんだけど。この本は小さいカラー本で、地域に生息するいろいろな鳥の標本なんだよ。とても軽くてとにかく持ち運びが便利だった。この本に掲載されている鳥を、狂ったようにスケッチしていたんだ。それがいつのまにか、アートと呼ばれるものになっちゃた。最近、イスラエルに行ったんだけど、その頃に描いた鳥のスケッチを持って行ったんだ。絵を描くことはいつだって、僕の人生の中で大切なことなんだ。
 それから、13歳の頃に写真を撮ることに興味がでて、学校の暗室にこもるようになったんだ。その当時の写真は東京のパワーショベル社から、昨年「Made Glorious Summer」っていう写真集のタイトルで出版したんだ。でも絵を描くことは、自分にとって本当に大切で、1999年に出版された「The Indecisive Memento」っていう本があるんだけど、その中で写真と絵を組み合わせてから、二つのメディアを合わせて発表することを積極的に制作するようになったんだ。いろいろな画家に興味があるけど、ヒエロニムス・ボスの絵は特に最高だね。

Nick:We all paint first don’t we, in nursery, then in school, photography comes later in everyone’s lives. As a teenager I was really into ornithology, with the study of birds comes a quiet freedom away from the realities of life. I had a book ‘The Birds of Britain and Europe’ I still have my original copy I will send you a picture. This was a cheap book in color showing all the birds of the region beautifully illustrated and it was small enough to carry around. I would obsessively copy the drawings in my sketchbooks as a child, out of these drawings came my art. I took my copy to Israel while I was there in recent years, it is the book of my life in many ways. Then when I was about 13 I became interested in photography and using the school darkroom. I got a camera and started to take the pictures that were published in ‘Made Glorious Summer’ last year by Powershovel. But I never stopped painting, I always paint, there are paintings of mine in my 1998 book ‘The Indecisive Memento’ This is the point I started to mix photography and painting. It’s not the greatest book, but as an experiment it is quite interesting.  
I like many painters but for me Hieronymus Bosch the absolute master genius.

須々田:あなたの作品はストレートフォトで、今の写真界で主流のコンセプト重視で制作される作品とは表現が異なります、主流の写真作品に関してどう思いますか?

Susuda:Your work is always very candid and raw.  How do you find today’s most popular photography that is very conceptual and less intrusive.  Do you like it?

ニック:僕はどんな表現方法で作られた作品でも好き。なぜなら、僕は作品を生み出すことの苦労をわかっているから、どんな作品でも心から支援したいといつも思っているんだ。僕は人と競争したり、自分の作品を誰かと比べたりするのは嫌だ。その時代には、その時代にあったしかるべき表現方法がある。僕の作品は今の若い作家たちから見ると、おそらく時代遅れで退屈にみえるんだろうな。そんな風に彼らにみられていることはよくわかっているよ。「ワプリントンって超古くさーい!」って言っているはずだね。
 僕が嫌だなって思うのは、写真集をカテゴリーに分ける態度だよね。たとえば、年末にベストブックの選出がされて、ソーシャルメデイアで騒がれるじゃない。その内容が、写真のタイプ別になっていることをとても嘆かわしく思うんだ。ベストブックはジャンルで選ばれるべきじゃない。写真をジャンルに分けて判断すること自体がナンセンスじゃない?

Nick:Yes I like everything to a point, I know how difficult it is to make art, I want to be supportive to other artists, I’m not very good at being competitive! Each generation has their own way of working, I must look boring and old fashioned to younger artists myself, I am under no illusion here. They must be saying “that Waplington is so boring so yesterday!” The one thing I’m not sure about is the way photo books have gone, there seems to be a style now of modernist photo book and people seem to want to make the best book within that genre not anything that is innovative or new. This is the same trap that documentary photography has fallen into. The best book charts at the end of the year I see on social media like Face Book reflect this, they do not list the best books of the year but the best books within the photo book genre. I am bored with the same old juxtapositions, it is going in ever decreasing circles.  Your association with fashion industry seems very close.  For example, you just had an exhibition, Alexander McQueens’s Working Process at Tate Britain this spring.  (a big congratulations!)

須々田:あなたは積極的にファッション業界とお仕事をしてますね。今年の春には「アレキサンダー・マックイーン:Working Process」がTate Britainで開催されました。今後もファッション業界と仕事をする予定ですか?

Susuda:Do you think you will work more in fashion industry in the future.

ニック:ファッションはアートを好むじゃない? 特に僕からファッション業界に近づくことはしていないけど、彼らからよくお声が掛かるんだ。天才的な才能を持った人となら、どんな業界であろうと一緒に仕事はしたいよ。

Nick:Fashion likes art, what can I say I am not involved in fashion but sometimes fashion seeks me out and if they are genuine then there are possibilities.

「将来的に例えば、今から5年後にでも、3000枚にも及ぶ写真を使って分厚い写真集をだしたいね」

須々田:あなたが爆発的に写真業界で注目を浴びたのは「Living Room 」を出版した26歳の頃で、作家としてとても早熟でした。この早い時期から成功や業界から脚光を得たことは、自分のキャリアの中でどのように影響していますか?

Susuda:You have an early success as a photographer through your publication, Living Room in 1991.  Were you only 26 years old, right?  It must be a big sensational in the photography world in UK.  How did you respond to them?

ニック:僕が写真家として仕事を始めたのは、実は17歳からで1983年からなんだ。だから1991年に写真集を出版までに、8年も時間が経っていることを知ってほしい。この「Living Room」のプロジェクトを撮っていて、まだ発表していない作品が多くあるんだよ。今年9月、ニューヨークアートブックフェアに向けて300部限定でLittle Big Manから、この当時に撮影した作品を使って写真集を出す予定。それから、将来的に例えば、今から5年後にでも、3000枚にも及ぶ写真を使って分厚い写真集をだしたいね。91年に出版した写真集からずいぶん時間が経っているし、自分の中で新たな目線で見直すことができると嬉しくなる。

Nick:Well you need to remember I started the work in 1983 when I was 17 years old, the book was published in 1991, I actually made the work until 1997, there is a lot of unpublished work from this project. I am finally going to publish more soon, first a limited edition 300 copies book of work print edit outs with Little Big Man in September for the New York book fair and in a couple of years a mega book of 300 images and probably another mega book of another 3000 images in about 5 years, maybe, hopefully. It is a long time ago now so I am happy to embrace the work again now finally.

須々田:写真を撮ることは、何が難しくて何が喜びですか?

Susuda:What do you enjoy most by taking a photo?  What is the biggest challenge for taking a photo?

ニック:写真を撮ること自体は簡単なこと。僕は毎日写真を撮っている。それは本当に楽しいよね。でも実は、楽しいのは撮るという行為それ自体ではなくて、撮りたいと思うその対象のせいなんだ。撮ろうと思う被写体・対象に出会えることが幸せなんだと思う。

Nick:Taking photographs is pretty easy for me, I take pictures everyday and I just have fun doing it, it is the subject matter that excites me not the actions. If I have good subject matter then I am happy.


須々田:日本は好きですか? 訪れたことは? 日本の写真家は好きですか?

Susuda:Do you like things in Japan?  Have you been there?  Who is your favorite Japanese photographer?

ニック:日本は大好きだよ。何回も訪れている。鹿児島は最高だった。火山が本当に迫力あるし、すごいと感じた。以前は鹿児島に友達がたくさんいたけど、最近は連絡とりあっていないなー。僕のお父さんは原子力発電所に勤務しているんだ。福島の災害はとても怖いけど、いつか福島にも行ってみたいと思っている。
 僕の一番好きな日本の写真集は「Cho Egg」と「Out of Photographers」だ。90年代に東京で集めまくった。この写真集の出版者は僕の友達で、彼は道で女の子に声をかけて、自分のスタジオに連れて来ちゃうんだよ。それでポルノ撮影を始めるんだ。しかも撮影は頭にビデオカメラをつけるんだ。彼は今のインターネットポルノの先駆けみたいな存在だと思わない?

Nick:Yes I love Japan I have been many times, I love Kagoshima I don’t know why maybe it is the volcano. I have some good friends there I have know for many years but I haven’t been there recently. My father works in the nuclear industry and I am afraid of the effects of the Fukushima disaster but I will be back if someone invites me one day. My favorite Japanese photography is a series of books called ‘Cho Egg’ and ‘Out of Photographers’ I collected in Tokyo in the 1990’s I know the publisher he is a friend. He used to pick up girls on the street and take them to his studio to shoot POV porn movies, he would attached a video camera to his head to shoot them, he was years ahead of internet pornography. ( I have attached photos of a couple of the books).

須々田:若い作家に、どうしたらあなたみたいに成功できるかアドバイスをお願いします。

Susuda:Would you have any advice to young photographers in Japan who want to be successful like you?

ニック:オッケー。もし、僕からアドバイスが欲しいなら、お金を送ってくれたらしてあげる。多くお金を送ってくれれば、より良いアドバイスすることを約束する。僕は平等主義だからね。需要によって、それに見合った供給をするからよろしくね!

Nick:Yes send me money and I will reply with good advice, the more you send me the better the instructions. I can personally tailor my tips to suit your needs, everyone will be taken care of, I am an equal opportunities employer!

「僕はみんなの期待に応えないで、自分の撮りたい物だけ制作してきたんだ」

須々田:もし、作品に批判的な評価を受けた時どのように受け取りますか? 気にしないようにしていますか?他の人に評価を受けることを怖く感じることはありますか?

Susuda:How would you usually react to any tough criticism or other people opinion?  Do you care about it too much or not at all?  Is it important not to care?  Are you or have you felt scared of how your work is perceived by the others?

ニック:もし人の評価ばかり気にしていたら、最初に大成功を収めた「Living Room」みたいな社会派の写真ばかり撮ることをして続けていただろうね。でも僕はみんなの期待に応えないで、自分の撮りたいモノだけを制作してきたんだ。それは簡単なことではなかったけど、それで自分は喜びを感じ、また誇りに思える選択だったんだ。
 だから、今年イギリスのテイトで展示が出来たと思っている。確かにこの大個展は嬉しい事だけど、僕は未だにお抱えギャラリーもいない状態で金銭的にはとても厳しい生活なんだ。

 Nick:Well if I cared I would have just made more work like “Living Room’ it is what people wanted and expected I think, I have chosen a difficult path for myself but one that is ultimately more rewarding and I’m having more fun along the way. I was told it is this attitude that helped me get the big show at the Tate this year, so in some ways it must be paying off. But I am still broke and I don’t have a gallery so it’s not all good.

「今でも作品を作り続けられていることに心から喜びを感じていて、結局それが一番大事なことだと確信しているんだ」

須々田:作家として何が信条ですか? 作家としての集中力を継続している、その原動力はなんですか?

Susuda:What is your belief in life as an artist?  What makes you keep going very focused and constant?

ニック:僕は本当に作品を制作することが大好きなんだ。先にも言ったけど、それが自分の心の暗闇や鬱状態を打破する唯一の手段なんだ。制作することを自分の人生から取っちゃったら、僕にはなにも残らないよ。死んでいるか犯罪者となって刑務所にいるんじゃない? 知っている?刑務所には、僕みたいに左利きで失読症の犯罪者で溢れかえっているんだってさ。怖いよね。僕はモノごとに執拗に固執する自分の性格を、アート作品の制作に向けられて、本当に恵まれているよ。
 僕のこれからの課題は、作品を創った後にどうやって人に伝えていくかってことだね。僕は人とのネットワークを作ったり、作品を積極的に紹介することが苦手で。特に現代では、いわゆる職業的なアーティスト(自分の作品制作と販売プロモーションが両立できるアーティスト)にならないと、この世界で名を馳せることはできないのは分っているんだけどね。でも僕は今まで制作した自分の全ての作品に誇りをもっていて、今でも作品を創り続けられていることに心から喜びを感じていて、結局それが一番大事なことだと確信しているんだ。
 僕の作品は美学的に美しいとか壮大な作品でないし、それは現在のアートや写真業界の求めている作品でないこともわかっている。見るに耐えないような作品だったり、多くの人が気に入るような綺麗で気持ちが良くなる作品を全く制作していない。その為に、この業界で受け入れられることを阻めているとも理解している。全て分った上で、僕は自分の信じる道だけを貫いていきたいし、それがアーティストとして生きる使命だと信じているんだ。

Nick:I enjoy myself making work and as I have said it earlier it is my weapon against my darkness, my depression. I don’t actually have anything else in life. I would be dead or in prison without art. The prisons of the world are full of left-handed dyslexic people like me it is a fact. So in many ways I am very lucky and to stay focused is easy and I am always focused it is my obsessive nature that keeps me going. My problems are more about getting the work out ‘there’ I’m not a good networker, I am shy and introverted and to do well in art you need to be a self-promoter. I have some success but not as much as all the ‘career art professionals’ I see working today. But I am grateful my life is good and I am able to continue to make work that is all I really care about at the end of the day.

My work is it easy work, I’m not very interested in the beauty aesthetic which is the driving force in most art production, my work can be hard on the eyes and deals with difficult subject matter, because of this I understand that the possibilities for success are limited for me, I except that is where I operate and it is a good place for me to be.

about THEM

Artist
Nick Waplington

1965年イギリス生まれのアーティスト。1991年にApertureから刊行された初写真集「Living Room」が評価され、一躍世界的なアーティストへ。写真やドローイングなどの手法を用いた数々の作品を精力的に発表し続けている。
Website:www.nickwaplington.org 
Diary:www.nickwaplington.co.uk
Instagram:@nickwaplington

Photography Book Specialist
須々田 美和

ニューヨークの写真集専門店『Dashwood Books』マネージャー。フォトブックコンサルタントとして活動し執筆活動をする傍ら、若手日本人の作家の作品を欧米のクライアントに紹介するため、Session Pressのディレクターを務める。ニューヨークのオークション・ハウス(クリスティーズ、スワンズ)、美術館(ブルックリンミュージアム、アジアソサエティー、ジャパンソサエティー)、ギャラリー(ブルースシルバースタイン)に研修生として務めた経験もあり、アート全般に造詣がある。


FOLLOW US

pickup JOURNALS