日常に彩りをあたえるストアガイド

BEST PACKING STORE

写真:TRVS 文:野村優歩
BOOKMARK
BEST PACKING STORE

思わず旅に出たくなる、コンセプトストア

高感度なショップが軒並み構える目黒川沿いに佇む一軒のお店。『BEST PACKING STORE (ベスト パッキング ストア)』と名付けられたそのお店は、”旅にまつわるもの”をコンセプトとしたセレクトショップである。レンガ調のマンションの一階に現れた、マッドな黒色に塗りつぶされたモルタルの壁。その中へと進むと木目調の什器やパンチングボードなどにディスプレイされたアイテムが所狭しと並ぶ。

BEST PACKING STORE
BEST PACKING STORE
BEST PACKING STORE
BEST PACKING STORE
BEST PACKING STORE

バッグブランド《LORINZA(ロリンザ)》のデザイナーである稲塚勇介さんがショップディレクションを務め、空間設計を『alpha co.ltd』の代表であり、クリエイティブディレクターの南貴之さんが手掛けていることでも知られる同ショップ。「これまでにあったライフスタイルをテーマにしたお店などは割とインドアなものが多かったので、思い切って旅によったもので新たに提案したいなという気持ちが昔からありました。僕自身、仕事や旅行で海外に行く機会も多かったので、そうしたものに日常的に触れ合う機会が多かったのも理由の一つだと思います」と話すのは同店ディレクターの稲塚さん。

BEST PACKING STORE
BEST PACKING STORE
BEST PACKING STORE
BEST PACKING STORE

ラインナップされるのは旅の主役となるバッグを中心に、旅に持ち出すバッグの中身にもなる雑貨やメンズウエア、一部食品などもセレクトされる。特にアパレルラインは機能性のあるプロダクトを重視していると話す通り《A.P.C.》や《Engineered Garments》を始め、《Barbour》、《SAINT JAMES》などジャンルレスに旬なブランドが多く並んでいるのが特徴だ。他にも代々木上原のフレンチビストロ『MAISON CINQUANTECINQ(メゾン サンカントサンク)』オリジナルのオリーブオイルなど、食生活にまつわるものまで手に入ってしまうのも、『BEST PACKING STORE』ならではといえる。

BEST PACKING STORE
《ALLEGE》のシープスキンのブルゾンジャケット ¥110,000
BEST PACKING STORE
《BEST PACKING STORE×ALLEGE》のコットンニット ¥21,000
BEST PACKING STORE
《BEST PACKING STORE 》オリジナルのシートマット ¥3,000

日常生活にフォーカスするだけではなく、週末を利用した短期の旅行から長期の出張など、様々なシチュエーションに合わせたアイテムをパッケージで提案していく中で、《LORINZA》やショップオリジナルのレーベルである《BEST PACK》のアイテムを観光で訪れた海外のお客さんなどを中心に紹介していくことも今後の目的の一つなのだという。

BEST PACKING STORE
《LORINZA》のデザイナーであり、同店のディレクションを務める稲塚勇介さん
BEST PACKING STORE

既存のセレクトショップとは一線を画し、よりコンセプチュアルなテーマを設けて出発した『BEST PACKING STORE』。日常と非日常のあるシーンを自在に行き来するそのスタイルは、今後生き残っていくべきセレクトショップの姿をしっかりと明示しているようにも思える。訪れるたびに、今気分な自身のライフスタイルがさらに豊かになるような、そんなイメージが自然と湧いてくる同店に是非足を運んでみてほしい。

BEST PACKING STORE
東京都目黒区青葉台1-23-5 1F
OPEN 12:00-21:00 ※不定休
TEL 03-5773-5586
www.bestpackingstore.com


FOLLOW US

pickup JOURNALS