GO ADVENTURE WITHOUT EFFORT!!

新しい時代のパッキング術
「日常へのアウトプットを生み出す、週末トリップ」
#03 山本 憲資 (Sumally)

写真:芹澤信次(ROOSTER) 文:野村優歩
BOOKMARK
新しい時代のパッキング術<br />「日常へのアウトプットを生み出す、週末トリップ」<br />#03 山本 憲資 (Sumally)

日々多忙な毎日を送る人にとって、限られた時間の中で楽しめるアクティビティがあるかというのはひとつのライフテーマになってくる。進化し続けるソーシャルサービス「Sumally」の代表を務める山本憲資さんもその一人で、週末や連休があれば国内外を問わずに出掛けることが多いという。ウィークエンドトリップをより楽しくさせる秘訣のつまった、山本さんらしいパッキング術とは。

非日常なシーンだからこそ、人とは違う何かを求めてしまう

自身の好きなプロダクトをソーシャルネットワーク上で発信することで人や物が連鎖的につながっていくサービスである「サマリー」を開発し、現在は急速な成長を遂げながら、一大メディアコンテンツとして注目を浴びている。企業の代表として、また一クリエイターとして日夜、革命的なクリエイションを生み続ける山本さんは週末にこそ自身の非日常を求めているという。観に行きたい展覧会やコンサート、行ってみたかったレストランなど。そうした明確な目的を持って楽しむのが山本さん流の週末旅行であり、日常では触れ合えない時間との出会いになる。

「旅をするときに必ずどこへ行くのか。なにをするのか。という目的は決めていくことが多いですね。場所や行動する内容によって当然持ち物も変わるので、ギアを選ぶのも楽しいですし、結果的に有意義な時間を過ごせることが多いので。あとは週末という短期間での旅であれば、ウルトラライトまではいきませんが、極力荷物は少なく移動のしやすいものであることも重要ですね」。

山本憲資 sumally

「普段はあまり使用しないけれど、非日常なシーンだからこそ、できるだけ人とは被らないものを持ちたいという気分になることはありますね。そうした特別感もまた旅には必要かなと思います。あとは僕自身カメラが好きなので記録用にも必ずカメラは持ち歩くんですが、そうした自分らしい趣向も織り交ぜたりしながら計画する旅はやっぱり楽しいですよね」。

OG×OLIVER GOLDSMITHのサングラス

《OG×OLIVER GOLDSMITH》のサングラス

「フェスに行くときは毎回持っていくサングラスです。ヴィンテージになるんですが、夏っぽいデザインなので気に入っています。普段からメガネをかけているのでこのサングラスも度が入っています」。

LEICA Qの一眼レフカメラ

《LEICA Q》の一眼レフカメラ

「カメラは趣味の一つでもあり、特に拘りたい気持ちもあったので、より明るいレンズを求めて最近購入しました。《EPM》から発売されているライカ用の専用ストラップをつけてアウトドアでも積極的に使っています」。

SMILE KIDSのテーブルタップ

《SMILE KIDS》のテーブルタップ

「コンパクトに収納できるテーブルタップを探していた時に出会った、巻き取り式タイプのもの。ホテルの中などで大人数でワイワイしたりするのが好きなので、そうした場面で活躍してくれますね」。

SMYTHSONのトラベルアクセサリーケースと小物ケース

《SMYTHSON》のトラベルアクセサリーケースと小物ケース

「仕事でロンドンを訪れた際に購入したアクセサリーと小物のケース。最近ではあまり見ないクロコダイルレザーが使われていて、日常的に使うことで味わいも出てくるんですよね。アクセサリーケースは時計やカフス、リングなどがしっかりと収まる仕様になっています」。

LEICAの双眼鏡

《LEICA》の双眼鏡

「ライカから現行でもリリースされている双眼鏡は、クラシックのコンサートや山などに行くときの必需品ですね。人に見せるとライカの双眼鏡っていうだけで珍しがられます(笑)」。

HERMESの扇子

《HERMES》の扇子

「夏になると重宝する扇子は4年前に購入したエルメスのものがお気に入りです。オレンジっていうのもポイントなんですが、上品さとか優雅な印象を醸し出すにはやっぱり扇子かなと(笑)。首からかけることでサングラス掛けにもなるんですよね」。

cheeroのモバイルバッテリー

《cheero》のモバイルバッテリー

「アウトドアや旅行の際には普段以上にiPhoneを使うので、モバイルバッテリーは必須ですね。アマゾンで購入したチーロが性能的には一番良かったですね。ボディに貼っているステッカーはトムサックの展覧会で購入したものです」。

MONTANEのライトシェル

《MONTANE》のライトシェル

「野外のフェスやキャンプなどで使用しているUL系の防水シェルです。コンパクトにまとまるので持ち運びもできるし、完全防水な仕様も助かりますね。背面にはリフレクターラインも付いているので夜間でも安心ですね」。

SLEEPY JONESのパジャマ

《SLEEPY JONES》のパジャマ

「今ではパジャマといえばの馴染み深いブランドですが、まだ日本に上陸する前の初期の頃のセットアップです。NYのオリジナルショップで購入したものなんですが、今でもよく使用していますね。ネイビーと赤の配色も気に入っています」。

日々に追われることで失われてしまいそうになる革新的なアイデアやクリエイションの根元は、週末の旅にこそヒントがある。「どんな旅であっても非日常なインプットを増やすことで、日常へ還元するアウトプットの質が上がると感じるんですよね。そうした日々の繰り返しが仕事にも生活にも良い影響となってモチベーションが向上していくんです」。日常と非日常を自在に行き来し、生まれていくクリエイション。そこには目的を持って過ごす山本さんらしいエフォートレスな週末トリップというライフスタイルがあった。

山本憲資 sumally

【特集:三者三様、新しい時代のパッキング術】
▶︎ Vol.01 伊藤 弘 (groovisions)
▶︎ Vol.02 片貝 俊 (stylist)
▶︎ Vol.03 山本憲資 (Sumally)

about him

Sumally
山本憲資

一橋大学商学部でゲーム理論を専攻した後、大手広告代理店の電通に入社。その後、コンデナスト・ジャパン社に転職し、雑誌『GQ JAPAN』の編集者に。テック系からライフスタイル、ファッションまで幅広いジャンルの企画を担当。2010年4月に独立し、同社を設立。お酒と楽しいモノやコトをこよなく愛する。


FOLLOW US

pickup JOURNALS