SIX SENSES HOTELS RESORTS SPAS

リゾートの新しいカタチ。

編集:谷口暁子
BOOKMARK
リゾートの新しいカタチ。

1995年に設立したSIX SENSES HOTELS RESORTS SPASは、アジア中東地域に9のリゾートと、アジア、中東、ヨーロッパ、カリブ海に28のスパを展開している。自然環境、そして地域社会との共生を理念に掲げ、環境・地域活動を積極的に展開し、企業の社会的責任を実行するという徹底したスタンスのもと、“エコリゾート”の先駆者として名を馳せてきた。代表であるBernhard Bohnenberger (以下、BB)氏に、SIX SENSES HOTELS RESORTS SPASの理念と企業としての取り組みについて伺った。

SIX SENSES Samui

自己を取り戻し、改めて自然と向き合う場所

SIX SENSESのミッションを教えてください。

BB「SIX SENSESでは、“To help people reconnect with themselves, others and the world around them”をミッションに掲げています。日々多忙な生活を送る現代人が自然と関わり、時間との関わり方を再認識・再確認するため、自然と改めて向き合う場を私たちのホスピタリティとともに提供しています」

ミッションを実現するための具体的な方針は?

BB「第一には、“Local Sensitivity, Global Sensibility”。地元の素材や手仕事、技術を取り入れ、華美なホテルではなく、地域の自然に溶け込むようリゾートの景観づくりを実現しています」

地元の食材を使った料理教室

BB「次に、“Pioneering Wellness”。スパ事業部は独立運営しており、著名なウェルネススペシャリストとのパートナーシップにより、最新のスパトリートメントを提供しています。身体だけのトリートメントのみならず、一歩進んだウェルネスの提供が私たちのモットーです」

SIX SENSES Con Dao

BB「そして、“Fun & Quirky”。例えば“DO NOT DISTURB”のサインなどは、親しみやすくユーモアのあるデザインを採用しています。また、リゾートで経験できるユニークなアクティビティとして、パラグライダーでのチェックインやワインケーブのなかでのお食事、野外での映画上映や海洋学者とのシュノーケリングなど、ダイナミックで雄大な自然や文化的な学びを、楽しみながら体験することができます」

圧倒的な景観を堪能できるパラグライダー(SIX SENSES Zighy Bay)

ビーチサイドでの映画上映(SIX SENSES Ninh Van Bay)

ダイビングアクティビティ(SIX SENSES Laamu)

「人工物が一切視界に入らない景観」をリゾートの立地条件のひとつにした理由は?

BB「私たちは、従来の価値観で考えられている“ラグジュアリー”とは異なる定義でリゾートを展開しています。人工物のない景観のなかで自然と触れ合い、自分を取り戻すことこそが最大限のラグジュアリーであると考え、それを実現するために、各リゾートは地域のパートナーと共同で創り上げています。ですので、SIX SENSESの価値観を共有できるパートナーに出会うことは、とても重要な条件でもあります」

大自然のなかでのマウンテンピクニック(SIX SENSES Zighy Bay)

サステナブルな食育、地域コミュニティとの信頼関係

サステナブルな取り組みとして、オーガニックガーデンやプラスティックの不使用、飲料水の自給などがありますが、その他の具体的な取り組みや地域貢献活動を教えてください。

BB「例えば、SIX SENSES Yao Noiは養鶏場を擁しており、産みたての卵を使った朝食がお楽しみいただけます。また、SIX SENSES Zighy Bayでは、中東特有の果物であるオーガニックデーツ(なつめ)畑。SIX SENSES SPA in Parisでは、テュイルリー宮殿の庭やオペラ座の屋根で採れた蜂蜜をフェイシャルトリートメントに利用するなど、今後も、サスティナビリティについて地元の方々やゲストの皆様により深く理解していただくための活動は、SIX SENSESで最も重要視している取り組みのひとつです」

オーガニックガーデン(SIX SENSES Zighy Bay)

BB「ドネーションでは病院や学校の建築費や、飲料水をつくるマシン導入、ゴミのリサイクルなど、総売上の0.5%を各リゾートの地域貢献活動に利用しています」

パイオニアとしての責任と挑戦

フレンドリーな接客に定評があると伺っていますが、特別な社員教育などはありますか?

BB「サービスの価値観として“Emotional hospitality”が根底にあり、ゲストの方には24時間バトラーがつき、表面的ではなく内側からのホスピタリティを徹底しています。これは、ゲストの方の感情や期待、共感を自ら察しておもてなしをすることです。必要なときに、必要なだけ手を差し伸べるサービス。そしてゲストの方への喜びの体験やきめ細やかな心配りは、非常に高度なサービススキルが求められます。そのために、スタッフの内面を磨き、豊かな人間性を育成する研修を継続的に行っています」

エコリゾートのパイオニアとして、ビジネスモデルを確立できた理由は?

BB「パイオニアとして新たな道を開拓していくことは、もちろん簡単なことではありませんでしたが、それこそが私たちのアイデンティティであると信じ邁進してきました。また、他と異なる全く新しいことへの挑戦を、信念と情熱を持って貫き通してきたことが、新しいビジネスモデルを切り開く鍵となりました」

SIX SENSES Zighy Bay
SIX SENSES HOTELS RESORTS SPAS

about him

President of Six Senses Hotels Resorts Spas
BB

Bernhard Bohnenberger
ローザンヌホテルアカデミー卒業。ヒルトン・ホテルズ&リゾートやザ・ペニンシュラなど、世界の一流ホテルでキャリアを積み、1991年にSIX SENSESに入社。デベロップディレクターやマネージャーを経て、2011年に代表に就任。


FOLLOW US

pickup JOURNALS