JOURNEY WITH MY PRODUCT

演出家・若槻善雄さんの旅とプロダクトの関係

写真:竹内一将(STUH) 取材・文:神田春樹
BOOKMARK

海外出張だけで1年間に約12回。それに国内出張を加えるとひと月の多くを旅先で過ごしているという演出家の若槻善雄さん。ファッションショーの演出やイベントのディレクションなど、国内外を問わず活躍する若槻さんの“旅”には、それを支えるプロダクトの存在が欠かせません。1983年に初めて海外を訪れて以降、旅することが日常となった若槻さんが思う、旅とプロダクトの関係。

“旅先でも自宅と同じようにリラックスできるのが理想”

「僕の場合は“旅”といってもそのほとんどが仕事での出張です。初めは海外出張の度にワクワクしていましたが、今では海外に行くことはすごく日常的なこと。これだけ旅先で過ごす時間が長くなると、必然的にそこでの生活環境がすごく重要になってきますよね」。そう話す若槻さんにとって、旅に欠かせないプロダクトとその選び方とはどのようなものなのでしょう。

「まず、僕の旅仕度はアイテムを用途ごとに小分けにして、きちんと整理・収納することから始まります。例えば、シャツ、Tシャツ、パンツ、下着と洋服をそれぞれアイテムごとにガーメントケースに分けてパッキングしたり、ガジェット機器や仕事道具なども大小さまざまなケースに分けて収納しています。そうすることで、ホテルについてバッグを開けるだけで身の回りの環境をすぐに整えることができる。あまりの細かさに驚かれることもあるのですが、そうしないと気が済まないタチで、パッキングフェチなんです(笑)」。
そう言って見せてくれたMountain ResearchやPORTER、L.L.Beanなどのガーメントケースや国ごとに分けているという財布、グルーミンググッズや波乗りの際に使う双眼鏡まで、そのどれもがこれまでの旅の経験を通じて選び抜かれたモノばかり。日々、国内外を飛び回る生活を送る若槻さんだが、意外にもそのプロダクト選びは“旅”だけに重きを置いたものではないのだとか。
「僕の場合は旅先だけで使える“旅グッズ”を選ぶのではなく、自宅や普段の生活の場以外のところで、それと同じような快適さや、居心地の良い空間を作れるミニチュアをセレクトするという考え方がスタンダード。それは旅だけじゃなくて、仕事や私生活で活用できるものが多いんです。例えばこのBeYoのポータブルスピーカーは、もちろん旅先のホテルでも使うし、家や打ち合わせで演出に使う音楽を流す際にも使うので、旅先だけでなくいつも携帯しています。パッキングで使っているガーメントやポーチも普段からバッグインバッグとして使っていたり。そうやって普段の生活合ったプロダクトを選ぶことで、旅先でも自宅と変わらない快適な時間を過ごせるのではないかと思います。出張先での時間が長い分、ホテルでの時間をどれだけ自宅のようにセッティングできるかが重要で、以前はベッドの位置なんかも変えたりしてホテルの部屋のレイアウトまでこだわっていましたね。部屋に帰るとルームサービスの人に元の位置に戻されてるんだけど、それでも毎日戦ってた(笑)。身を置く場所が変わっても、いつもと同じ感覚で過ごすためのプロダクト選びが僕のスタンダードですね。」

his STANDARD ITEMS
  • 10年以上愛用しているCOMME des GARÇONSのパスポートケース(写真上)。日本円が入った小銭入れ(写真下)と海外で使用しているラバーのコインケース(写真中央)。他にも、アメリカやパリなど、頻繁に訪れる国ごとに財布を用意(写真左・右)。
  • 最近手に入れたというSonyの高機能イヤフォンと、長年使い続けている茨城のホームセンターで購入した頑丈な電気コード。ホテルの部屋でも、クライアントへのプレゼンでも活躍するポータブルスピーカーはBeYoのモノを、カメラはCanon愛用中。
  • 「絶対に忘れちゃいけないモノ」というバリカンはパリで購入して以来使い続けている。世界各国で購入したハンドクリームやリップクリーム、目薬などはベージュのポーチにまとめて収納。乾燥した海外では保湿ケアが必須。他に歯ブラシや石けん、シャンプーなどもすべて持参するそう。
  • サイズ違いで所有しているPatagoniaのトロリーバッグ。行き先と滞在日数によって使い分けていて、主に左が海外、右が国内用。元々使っていたTUMIのものから、より軽さを求めてこれに落ち着いたそう。ちなみに後ろに写っている写真集は、ほとんど海外で買ったものだとか

about him

Stage Director
若槻善雄

演出家。DRUMCAN所属。COMME des GARÇONSやHERMES、UNDERCOVERなど数々のブランドのショーの演出を担当。その他、イベントのディレクションや空間プロデュースなど、国内外で多岐に渡り活躍するクリエイター。


FOLLOW US

pickup JOURNALS