LUMIX_GM5

 

カメラを買いました。

正確にはカメラと、レンズを買いました。

 

買った時は、よーしやるぞと思っていて、

結局半年後にはホコリをかぶっている、

というのはこれ、楽器にもよくある話。

 

しかしカメラは違うよ。

仕事で、使うんです。

 

1月17日、僕の住む逗子で、未就学児を主役に、

こども哲学の映画撮影がクランクインしました。

 

使用カメラはたまたまPanasonic製品に。

撮影の流れで、僕も、機材調達を手伝った。

定位置用のカメラは、重たいミラーレス一眼。

 

でも、子どもたちをおいかけるには、

いつでも肌身離さず持ち歩きやすくて、

あっ!という時に記録が残せるカメラがほしい。

 

と思って、買ったのは小型ミラーレス一眼。

今まで使っていたデジタル一眼に比べたら、

おそろしいほど軽い。

 

そこに、パンケーキレンズを取り付けました。

光がたくさん入る、広い視野の、軽いもの。

F値優先で、20mmの1.7F 単焦点レンズ。

 

軽いカメラに、軽いレンズをつけたわけで、

これだけ軽いと、持ち歩こうという気になる。

動画よりも、スナップ写真に向いているかも。

 

小型カメラでスナップなんて、

アンリ・カルティエ=ブレッソンみたいで、

あるいはロバート・キャパみたいで、

かっこいいなぁ。

 

報道写真じゃなくても、梅佳代みたいに、

日常の決定的瞬間、撮りたいものです。

 

こども哲学をテーマにした映画は、

来年どこかで上映します。

お楽しみに。

 

パシャパシャ。

TAGS
READ MORE