LQQK-NHOOLYWOOD-POP-UP-FLYER-01

ART, MUSIC, CULTUREなど日々NYで生まれ続ける最先端をいち早く体感出来る空間をコンセプトに、今回2回目となるGATEWAY。Nハリとのカプセルコラボラインの発売を記念してPOP UPとPARTYを開催。

ポップアップではLQQKのメンバーでもあるアーティストMARTIN DAVISによる展示も含めLQQKやCNYそしてJOE GARVEYのスペシャルアイテムや今回初めて上陸となるSEX MAGAZINEも参加。夜のパーティーはCONTACT TOKYOで行われ先日来日したRon Morelli主宰のLIES所属のアーティストなどが勢ぞろいしシカゴからTRAXXそしてSTEVE SUMMERS アルゼンチンからNGLYニューヨークからBOOKWORMSとMOTION GRAPHICと豪華ラインアップが集結。

そして今最も注目すべきNYの3DアニメーションスタジオCULTURESPORT.TVがビジュアルを担当。
早い時間にINVITE ONLY 関係者だけによる試写も開催予定。

 

LQQK_GATEWAY_FLYER_SOCIALMEDIASTILL_JPG

LQQKSTUDIO presents GATEWAY @ Contact Tokyo
3/24 (Fri) 23:00 Start

+ Sound by
TRAXX
(Nation, Light Sounds Dark, Rush Hour, L.I.E.S.)
NGLY
(L.I.E.S. Records)
STEVE SUMMERS
(Confused House, L.I.E.S.)
BOOKWORMS
(Confused House, Bank Records, L.I.E.S.)
MOTION GRAPHICS
(Domino Records)
DJ SOFTCIRCLE
(Kill Alters)

ALEX DONDERO
(LQQKSTUDIO)
MAX FEUER
(369 Records)
KIRI
(Phire Wire)
MICHIHIKO ISHIDOMARU
(Big Love/ Fish)

+ Visual Art by
JOHN MICHAEL BOLING
(CULTURESPORT TV)

+ Space Design by
YOSHIROTTEN
(YAR Tokyo)

+ Produce by
SHIN NISHIGAKI

+ Supported by
BACKDOOR /JACKPOT / MIN-NANO / N. HOOLYWOOD

TAGS
READ MORE

S__8200213

ニューヨークのブルックリン地区にある話題のエリア・フラットブッシュから登場した3人組のヒップホップグループFlatbush ZOMBiES。彼らが、2017年1月8日(日)に来日、渋谷SOUND MUSEUM VISIONに出演する。

今回の来日はアルバムリリース後としては初となるのでファン待望の公演だろう。また、ヒップホップの聖地の旬を体験する良い機会だろう。

       —————————————————————————

201718(日)

FLATBUSH ZOMBIES in Tokyo

OPEN22:00  ¥2800 ADV ¥3500 DOOR

//GAIA//

LIVE

FLATBUSH ZOMIBES(NY/ BROOKLYN)

ONYX collective (KNOW WAVE/ NY)

KANDY TOWN

kiLLa

DJ

SHINTARO(HIP HOP SET)

YANATAKE

8MAN

DFT

YUA

//DEEP//

“KING OF KINGS AFTER PARTY”

DANCE SHOW

BIGDOGSS

//WHITE//

“DOWN TOWN”

SP GUEST

YURUFUWA GANG

DJs

K27T(UNTITLED CLUB)

KRKW

MINAMIKAWA

MIURA(STADIUM)

RIKIYA

PAURA

EIJI(A-1 CLOTHING)

SIDE MC

KICC(AWESOME BOY)

//D-LOUNGE//

KILLER TUNES BROADCAST(WACKO MARIA)

mayurashka

DJ KEN-SKE

BARCH (GRIND / PERK)

e+:http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002211008P0030001

iFLYERhttps://iflyer.tv/ja/event/277652/

clubberiahttp://www.clubberia.com/ja/events/261662-FLATBUSH-ZOMBIES/

TAGS
READ MORE

BOOKMARC_dm

 

「Baccarat」「CHANEL」「Cartier」「Diptyque」など、フランス有名メゾンとのコラボレーションで注目されているパリジャン美術家のJulien Colombier(ジュリアン・コロンビエ)が、BOOKMARC(ブックマーク)でエキシビションを12月2日から11日まで開催する。12月1日夜にはチョークアートによるライブペインティングとサイン会が行われます。

パリ生まれのアーティストジュリアン・コロンビエは、2007年に「黒板にチョーク」というスタイルでフランスのアートシーンに認められ、これまで「シャネル」をはじめ、「バカラ」「カルティエ」「ディプティック」など様々な有名とコラボレーションを行ってきた。現在はブラックキャンパスを用いて作品を発表しています。

今回のエキジビションでは、エディション入りの作品集「Julien Colombier:Like a Jungle Sometimes…」を500部限定で販売。昔ながらの手間をかけた手法と技術で北欧の業界トップと評価されているNarayana Pressが印刷を手がけ、デンマークの老舗メーカーがハンドメイドで製作したフォルダーカバーは、全体の青、白い文字、赤いリボンでフランスの国旗の3色を表しています。

 

■Julien Colombier “STYLE LIBRE” EXHIBITION
日時:2016年12月2日(金)~ 12月11日(日)12:00 − 19:00
場所:BOOKMARC(ブックマーク)
東京都渋谷区神宮前4-26-14

■Julien Colombier “STYLE LIBRE” ライブペインティング&DJ/サイン会
日時:2016年12月1日(木)19:00 – 20:30
場所:BOOKMARC(ブックマーク)
東京都渋谷区神宮前4-26-14

TAGS
READ MORE

pencil_01

鉛筆の味わい深さを追求したプロジェクト

2016年10月6日(木)~11月13日(日)の期間、ポール・スミス スペース ギャラリー(Paul Smith SPACE GALLERY)で、著名人が使用した鉛筆を捉えた写真展「THE SECRET LIFE OF THE PENCIL」が開催される。彼らが使用した鉛筆に表れる個性に注目だ。

 

プロフェッショナル達の個性が鉛筆の使われ方に現れる

「THE SECRET LIFE OF THE PENCIL」は、プロダクト・パッケージデザイナーのアレックス・ハモンド氏とフォトグラファーのマイク・ティニー氏によるプロジェクトで、鉛筆にフォーカスを当てた展覧会だ。

 

本展では、プロフェッショナル達が実際に使用した鉛筆のもつ美しい魅力を写真に収め展示することで、このデジタル社会において対局をなす筆記用具である鉛筆の魅力を表現する。

 

世界一流のアーティスト、建築家、作家、デザイナーらのデスクの上で、使用された鉛筆を圧倒的なディテールで写真に収めることで、普段見ることのできない実際の使われ方や、その素朴な筆記用具を使いながら自分自身や作品を確立させてきた彼らの個性が表現されている。

 

この展覧会は2015年5月、ロンドンのメイフェア地区にあるPaul Smith No.9 Albemarle Street Shopで開催され、ポール・スミスのプロダクトデザイナー、トム・ディクソン氏、彫刻家のアニッシュ・カプーア氏、フォトグラファーのデヴィッド・ベイリー氏らの鉛筆の写真を展示した。

 

今回ポール・スミス スペース ギャラリーでの開催にあたり、日本からは原研哉氏、谷尻誠氏、田名網敬一氏、隈研吾氏、鋤田正義氏、坂本龍一氏、NIGO®氏、建築家ユニットのクライン・ダイサム・アーキテクツ(Klein Dytham architecture)が新たに参加し、使用した鉛筆の写真を追加展示する。

また、会場では著名人が使用した鉛筆の写真を購入することも可能だ。

pencil_02

THE SECRET LIFE OF THE PENCIL
会期|2016年10月6日(木)~11月13日(日)※水曜不定休
時間|(月曜~金曜)12:00~20:00 (土日祝)11:00~20:00
会場|ポール・スミス スペース ギャラリー
東京都渋谷区神宮前5-46-14 3F
03-5766-1788

【問い合わせ】
ポール・スミス リミテッド
Tel 03-3478-5600
www.paulsmith.co.jp

TAGS
READ MORE

kicks_logo

 

時代を超えて人々のライフスタイルに影響を与え続けるスニーカー。
東京発ストリートファッション誌の Ollie が、まるごと一冊スニーカー号を刊行。その誌面と連動した”スニーカーはストリートが生んだカルチャーでありアートだ” というフィロソフィーを具現化した、スニーカー美術館『KICKS MUSEUM』が、Ollie ディレクションのもとにオープンする。

 

さまざまなクリエイティブワークスにより国内外で話題を集めるクリエイティブチーム、YARをアートディレクターに迎え”スニーカー=アート”というテーマを体現し、体感できる空間を演出。同チームのアーティストの1人、YOSHIROTTENのアートワークをはじめとした多数のアーティストによるスニーカーアートや、スニーカーにまつわるコンテンツが展示される。

 

アートとスニーカーが融合したこのキックスミュージアムに、お気に入りのキックスで足を運びたい!

 

■ 場所

DAIKANYAMA T-SITE GARDEN GALLERY
東京都渋谷区猿楽町16-15 代官山T-SITE GARDEN2号棟
03-3770-1888

 

■ 日時

2016年7月17日(日)~ 2016年7月20日(水) 11:00~20:00 ※最終日のみ18:00まで

 

■ 入場料

無料

TAGS
READ MORE