IMG_4038

告知で申し訳ありません。細く長く続けている僕のもう1つのライフワークというかビジネスというか、、、大好きなAPの受注会のお知らせです。今から7年前にLAにある工房に行き交渉の末にやっと日本で販売する事が出来る事になった植木鉢です。詳しくはwebをご覧ください。

——————————————————

暫く受注会をしておりませんでしたが、APを復活させようかと思います。円安と消費税の関係で値上がりしてしまいましたが、宜しくお願いします。

webを更新し価格を改定しました。ご参照ください。

http://www.901design.com/ap/

ご入用の際は8/25日オーダー締め切り、8/31日支払いのタイミングで今回はお願いします。
急な日程ですが宜しくお願いします。hntk10@gmail.comにご返信ください。

納期は年内にはなんとか、

どうぞよろしくお願いします。

TAGS
READ MORE

modernismshow_150727 modernismshow_square_back

 

フラクタスでお世話になっている松屋銀座店の8Fで家具を販売します。

STOOL INC.というのが僕の会社名です。他に出店される方々はそれぞれお店を運営していますが、僕は表向きの販売をしていません。あまりにも久しぶりに表舞台に立つのでうまく接客できるか不安ですが、、、、(僕も店頭に立つ予定です)。

基本的なヴィンテージ家具はもちろんの事、今回は古い家具の新たな販売方法を試してみようかなと思ってます。

また追ってどんな物を販売するかお知らせします。

 

TAGS
READ MORE

IMG_3669IMG_3671

東京に行った際に必ずするのが名建築巡り。わざわざというよりは打ち合わせの移動に通るルートに自然と入っています。

とりわけ好きなのは坂倉準三が関わったビラのシリーズ。ユナイテッドアローズ裏あたりにあるセレーナ、フレスカはどちらもイエローがイメージカラーでピロティが印象的なんです。そして扉、なんとも贅沢に作られています。階段等の共用部分の美しさは格別です。

室内も坂倉らしく、天井の水平ラインと窓の切り方が絶妙。白を基調としたインテリアはやはりコルビュジエの影響を感じられます。

私は実は、フレスカをオフィスとして2年弱使用した事があります。別に借りる必要は無かったのですが、どうしても坂倉を体験したく無理して借りました。(その後、フラクタスの家賃の為になくなく手放しました)
やはり体験すると分かる事が沢山ありました。フレスカは贅沢な作りで上下左右の住人の部屋と隣接するところがなくうまく建てられています。

1番素晴らしいなと思ったのは住人の気持ちです。空いた部屋がでると賃貸で借りている住人が購入するんです。それほど愛して住んでいるんだなと思いました。多くの方は坂倉の事は知らないようですが、、、

いつかは購入したい坂倉建築。数年前よりだいぶ価格は上がってしまいましたが、実はいま一部屋売りにでてるんです。土日はオープンルームをしているようですよ。気になる方はこちらを。素敵な方に購入して頂きたいです。室内のコーディネートしますよ!

TAGS
READ MORE

地方発信

FullSizeRender-6

自分も含めて東京を離れる人が年々増えています。東京を離れた人が自分の故郷や移り住んだ土地で何をやるかに興味を持っています。

一番ダメなのは東京を持って帰っちゃう人。笑っちゃいますよね。お店がやりたいからという理由で東京ポイお店を地方で開いちゃう人。

次にダメなのが東京目線で地方クラフト発掘。東京から来た俺が私が選んだ的な、、

素晴らしいなと思うのはその土地の人を巻き込んでみんなで楽しんで、東京(それ以外も)から人を呼んじゃう活動をしてる人

宝来カレー 創刊号 そんな素晴らしさが詰まってます。富山をカレーに例えちゃった素晴らしさなんたるや!

是非、みなさん読んでみてください。

TAGS
READ MORE

保存容器の元祖

IMG_3484 IMG_3483 IMG_3482 IMG_3481

 

Wilhelm Wagenfeldの1938年のデザイン。Vereinigte Lausitzer Glaswerkeで製作されました。KUBUSシリーズです。

ドイツのヴィンテージ、特にこの時代の物はなかなか見つけ難いのです。やはりバウハウスがナチスに追われた事が要因なのでしょうか?推測の域の話になるのですが、やはり作品等は破壊されたりしたのではと。

このKUBUS、すべて職人による手作りです。やはりデザインと手仕事の融合という僕の好きな要素を含んでいます。発売された時には蓋と容器が別売りで、購入する方が必要に応じてユニットを組む事が出来る事が利点だったようです。これはまさにバウハウスの理論 『すべての造形活動の最終目標は建築(バウ)である』を表している最もバウハウスらしいプロダクトだと思います。

現在、いろいろなブランドやショップオリジナルなど様々な保存容器が発売されていますが、おそらくこのKUBUSが元祖となっているのではと思います。

このKUBUS、現在準備中の企画(9月東京で予定)でみなさんにご覧頂ける事かと思います。

TAGS
READ MORE