小さな奇跡を起こす。

毎回新製品を出す時には、「自分の最高の作品」だと思って出してます。それが、皆さんに受けいれられるかどうかはわからないけど、とにかく「自分で最高なんです。」と言い切れるものを出している。

その中身を作る過程では、「普通そんなこと気にしないよ」ってことが盛りだくさんで、そんなことまで皆さんに伝わるかわかんないけど、私が絶対良いと思うから!みたいな感じで作っている。

elixir pierre

 

この10月にSHIGETAから新製品EXオイルセラムを発売しました。なんかすごーく特別なオイルを作りたかった。肌への効果と、それ以上の何かがあるオイル。

このオイルを作るのにあたり、石と相談しながらジュエリーを作っている、フランスで著名なジュエリーデザイナー、マリーエレーヌ・ド・タイヤックと組んで作ることができました。このオイルの制作には、彼女以外考えられないと思っていましたので、彼女に相談した時、「CHICOとだったらもちろんよ」と言ってくれた時には、天にも昇る心地でした。

 

マリーエレーヌは、多分私と同じような気持ちでジュエリーを作っている。彼女は石のエモーションを正面から捉え、その石の性格を把握し、その石が一番美しく輝くようにジュエリーを作る。たぶん、そんなこと、誰も気にしないよ、ってことをすごく大事にしてる人だということが、話していると良くわかる。

だから、世界のセレブ、つまり、あらゆるメゾンの宝飾を身につけて来た人達が、こぞってマリーエレーヌのジュエリーを欲しがるのだと思う。

 

実のところ、今回このオイルに「ジェムストーンを浸けたい!」と言ったらフランスのスタッフ達は目を丸くしていた。(良くありがちな)コンセプトが面白い、とかじゃなくて、本当に石のパワーを転写させたいのだと言ったらラボのサイエンス組は半信半疑でした。それはそうですよね、彼らは科学的に証明されうることを研究しているのですから。でも自分で実験してみて(私なりには)すごい結果が出ていたし、絶対に皆の役に立つオイルになる!と確信していたので、これをやらないなんて、あり得なかった。

 

スタッフには、石の波動がどのくらい私に取って明らかなのかを証明するために、私はブラインドテストまでして見せました。(石の入っている箱と入っていない箱を当てる!)

ともかく、自分のラボを持つってことは、本当に良いことだと、この時にも強く思いました。だって、みんなが信じようが信じまいが、私がやりたいことをやれるんだもん(笑)。そして、私のスタッフ達は「じゃあ、きっと原子レベルで反応するんじゃない?」とか言いながら、このプロジェクトに嬉々としてハマっていったのでした。

 

とはいえ、石に数週間浸けてからブレンドする、この過程は製品製造プランに入れこむには、はっきり言って面倒です。というのは、製品の在庫が無くなっても、漬け込み期間が終わらないと作ることはできないからです。とは言え、この数週間を駆け足にすることはできないので、スタッフからは浸ける期間に関して何度も確認がありました。(大汗)。

 

コールドプレスによって採られた植物オイルはその種類によって、肌のそれぞれのレイヤーに入って行く。例えば、ローズヒップオイルは角質、表皮、グレープシードオイルは真皮、毛細血管などのように。。。だから様々な種類の植物オイルを使うことは肌の健康にはとても大切です。

実際に、このEXオイルセラムの発売からまだひと月経っていませんが、使ってくださった方々からのフィードバックがとにかくすごいです。数年間悩んでいた乾燥から解放されたとか、シミが薄くなったとか、イボが取れたとか、目の下の小じわが取れたとか。。。ダイレクトな肌のトラブルからの改善のメッセージをたくさんいただいて、私たちもビックリしています。(私たちもこのオイルのスゴさは熟知していたつもりですが。。。)

「ローズヒップオイル単体の三倍の抗酸化力がある」ということも、フランス国立科学研究所で分析済みですが、この改善の速度が3倍ってことなんだよね。ということなんだー!と理解してます。

 

そして、私はやっぱりこれほどのEXオイルのパワーの体感度があるのは、やっぱり石のおかげだと信じている。

3年前、このオイルを作ろうと思ったとき、なんか、とにかく「何これ!!!すごくない?」というオイルを作りたかったのですから、SNSに上がってくる皆さんのフィードバックやコメント見て、この目的はちょっとだけ果たせたような気もする。

見えない所も大事に、目的にバッチリ合うようにして作ること。これは私のスタンダードだけれども、そしてそこに、良い素材、良い気、良い人材、良いアイデアが集まると奇跡を起こすことができるんだと思う。

それは、そこに「調和」があるから。

 

マリーエレーヌと私の制作にまつわる対談はこちらのリンクからお読みいただけます。

Capture d’écran 2015-11-07 à 14.47.13 copie

 

FOLLOW US