A Sketch of my “Vin Vivant” journey #003: Beaujolais Region

Day 3 on my “Vin Vivant” journey. Moving day to Beaujolais and spent such an unforgettable Sunday with super full moon and… true guys.

ヴァン・ナチュール旅3日目は、ボジョレーへ移動。の途中、ランチは一つ星のレストラン、La Table de Chaintreへ滑り込み。 素晴らしいワインリストに、テーブル上を3周ぐらいしましたっけ、、
Beaujolais1

まずはPet’ Nat(ペティアン)で乾杯!
DSC00450 Beaujolais16

やっぱり地元の、を飲みたいね、と。2002!
DSC00454

まぁ、、そうなりますよね、、
Beaujolais2 Beaujolais3
DSC00484Beaujolais4 Beaujolais6 Beaujolais5 Beaujolais9

ボジョレーはロマンティックな村名が多い ^^
DSC00497

満足すぎるランチを終え、ボジョレーの美しい光景を見ながら向かったのは、Paulさんの友人、ボジョレーのDomaine des GrottesのRomainさんのところ。
(そう、日曜日はお休みなので、普通にお邪魔させていただきました)
DSC00644DSC00558 Beaujolais7DSC00562


9月18日に収穫を終え、少しだけゆっくりできるようになったRomainさんと、同じボジョレー地区の醸造家Benoît Camusさん(フィリップジャンボンセレクトの”ユンヌ トランシュ” 2011年の醸造家!)、自分で醸造をはじめたばかりのJean van Roekelさん。そして、ちょうどインポーターを立ち上げ、Romainさんのワインを輸入しているダイスケさんの奥様、有美さんと。
Beaujolais8
DSC00577

そして、夕食を食べに、モルゴン市内へ。
Beaujolais10
DSC00549
(閑話休題、で可愛コちゃん ^^)

そしてワイナリー 再立ち上げ計画中?のファンキーガイ、Denny Baldinさんも加わっての和やかなdinner。
Beaujolais11 Beaujolais12 Beaujolais13 Beaujolais14

Romainの奥様が描いてくれた私。嬉し。
DSC00618

そして奇しくもスーパームーンのもとの、戻ってからエンドレスナイト、、
DSC00632 Beaujolais17 Beaujolais15

この素晴らしい機会をくださったPaulさんに深く感謝を。
バリバリのビジネスマンなPaulさん、深くナチュラルワインと生産者を愛し、深く親交を重ねている方。

「僕の父が良く言っていたんだけれど、人生で両手の指の数、本当の友を持っている人がいたら、幸福なことだと。 でも僕は、ナチュラルワインのお陰で世界中どこへ行っても友がいる。だからきっと純子とも良い友達になれると思っているよ」

本当に惜しみなく細やかなケアをしてくれて、ポールさんにとって大切なドメーヌへの同行を快く受け入れてくれました。

ここでポールさんとの旅はおしまい。ポールさんに心からの感謝を、そしてもちろんVin Vivantに深く感謝をしながら、ボジョレーを発ちました。
DSC00646 DSC00653 DSC00658

(まだ、、続きそうです、、)

FOLLOW US