旅に出る理由

トリバです

 

世知辛い世の中です。

 

正しいものが何故か間違ってるみたいな扱いを受けたり、

真面目なものが、インチキなものに駆逐されたり。

 

こんな世の中でいいのかよ!

 

って思い始めたら、

もう、いてもたってもいられなくなり、

この場から逃げだしたくなります。

 

さて、、、

 

旅に出る理由って、

こういうところにあってもいいのかなって、思うのです。

 

リフレッシュ、気分転換、をする理由がネガティブであればあるほど、

旅に集中して、一人旅であれば自分を、

同行者がいれば同行者を深く思うことができると思います。

 

以前は、目的を持った旅行を多くしてましたが、

今は目的よりも、

自分にとって大切なものを、

探しに行くというよりは、

自分自身の中に見つける旅をしたいと思っています。

 

よって、敢えて行き当たりばったりの旅行が多くなってきています。

 

出張とは名ばかりの、自分探しの旅。

 

ほとんど予定は決めず、時の流れに身を任せ。

行った場所の色に染められ、一度の人生捨てても構わないような旅を。。。

 

 

「書を捨てよ町へ出よう」と言ったのは寺山修司ですが、

僕は声を大にして言いたい。

 

 

スマホを捨てよ旅へ出よう

(写真を撮る時は、スマホ拾ってもよしとする。)

 

 

先日のアメリカ出張では、予定を変更しナイアガラへ。

 

アメリカ行くはずが、カナダにまで行くとは思いませんでしたが、

予定にないナイアガラは、とても美しかった。

 

でも、もしナイアガラの写真も映像も、

話さえも聞いたことがなかったとしたら、

きっと腰を抜かして驚いただろうなと思うと、

簡単にインターネットで何でも探せる、

この情報化社会が必ずしもいいものではないのではないかと思い始めるわけです。

 

例えば、今の僕が、

ナイアガラの感動を写真や動画なしに語ったらどうなるでしょう。

 

あのねぇ、

おっきくてねぇ、

水がザァザァいっててねぇ、

すごくてねぇ、

しぶきがあがっててねぇ、

虹もキレイでねぇ、

世界中の人がびっくりしててねぇ。。。

 

 

伝わりますか?

 

 

インターネットや、本で、リサーチをしてから行く旅よりも、

全く知らない街に彷徨い込む旅。

 

そんな旅に、大きな魅力を感じます。

 

夏はまだ終わっていません。

スマホを捨て、旅に出でてみませんか?

FOLLOW US