なにしろ時代劇好きなもので。

「勝ったのはあの百姓たちだ」

 

日本映画のオールタイムナンバー1と信じて疑わない黒澤明監督作品『七人の侍』。

ラストシーンで語られる志村喬のこの台詞は世界に誇る日本映画を代弁している、と言っても過言ではないでしょう。

 

時代劇好きです。

若い頃は親父がテレビで『水戸黄門』とか『銭形平次』ばかり観るのが、

嫌で嫌でたまらなかったのに、自分も五十の坂を下り始めると、時代劇ばかり観ています。

といっても、僕の場合はテレビ番組というよりも、小説やマンガですが。

四十も半ばを過ぎた頃、藤沢周平にハマりました。

特に『隠し剣』シリーズは、ナイトキャップのともとして、スタンダードになっています。

511G3YJCDGL._SY344_BO1,204,203,200_-1

 

数年前から海外に行く際に、機内で読み始めたのが『コミック乱』(リイド社)。

時代劇漫画ばかりを掲載した月刊誌ですが、最近は国内で毎月購読しています。

池波正太郎原作の『鬼平犯科帳』と『剣客商売』が二大看板。

ともに小説で読んだ作品もあるのですが、劇画となっても面白さは少しも変わりません。

我が家のトイレには『コミック乱』のコンビニ・コミックス版(SPコミックス)が十数冊ストックされて、

長トイレの原因となるとして家人から毎朝クレームがでます。

すっかり用は済ませたのに、1話完結しないとトイレから出ないので。

ちなみに、僕は漫画でも映画でも好きな作品は何度繰り返して観ても、飽きません。

ran201408-211x300

 

そんなリイド社から最近になってSPコミックスとして発行されたのが、『腕〜駿河城御前試合』。

南條範夫原作のこの作品はこれまで幾度も劇画化されてきましたが、森秀樹の筆はまた別格!

ものすごい迫力であり、女性も艶っぽい。これを読むために何度でもトイレに籠りたくなります。

腕~駿河城御前試合2.色見本

時代劇の面白さは、痛快と悲哀。エロとグロ。

藤沢周平も池波正太郎も、エロティックなシーンは欠かせません。

この『腕〜』もまさに時代劇の面白い要素をすべて、揃えております。

 

小説や劇画に比べると、最近の映画やドラマの時代劇はどうもインパクトが弱いと思います。

黒澤明監督のいない時代に生まれた日本人は不幸ですね。

黒澤監督もエロとグロは控えめですが。

 

 

FOLLOW US