玉ねぎの皮で染めもの

先日新宿伊勢丹屋上で行われたスタイリングマルシェで染めましたよ。

大阪から大好きなおばあちゃんもきてくれて、とても楽しみました。

まずは普通の綿布を用意して。

IMG_5042-0.JPG

 

輪ゴムを、好きなところに好きなだけくくっていきます。
輪ゴムがくくられたところは染まらない、というのをイメージしながら。

IMG_5043-0.JPG

 

“おばあちゃん絵心ないのよ〜”なんていいながら楽しそう♥

IMG_5061-0.JPG

 

彩菜は誰よりも多くの輪ゴムをつけてみました。
これはこれでなんだかかわいい。

この子をまず、お水に浸けます。

IMG_5066-0.JPGIMG_5068-0.JPG

 

その次にこの玉葱の皮を煮だしただけの、液体!に、ぼとん!

IMG_5048-0.JPG

 

これオニオンスープのにおいが!!

 

あ、そうだそうだ。
このイチゴ柄のエプロン、この日のためにおばあちゃんが余り布で作ってくれたのです。

IMG_5072-0.JPG

 

まるで餃子!

IMG_5075-0.JPG

その次はミョウバンの液体にぼとん!!

IMG_5041-0.JPG

 

 

これは色止めのため。色褪せるのを防ぐため。

IMG_5081-0.JPG

 

おばあちゃん曰く昔は、色止めに塩や酢を使ってたんだって。
昔の人の知恵はすごいなぁ。
きっと身近にあるもので、機転を利かせて、なんでも出来ちゃってたんだろうな。

そのあとまた玉ねぎ液に浸して

IMG_5082-1.JPG

10、20分くらい。

IMG_5084-0.JPG

 

輪ゴムを全部外すと。。

IMG_5225-0.JPG

 

じゃーん。綺麗な色!!!

どうやら玉ねぎの皮だけでなく、栗の皮やあかねなど、色んな素材で染めれちゃうんだと!

お弁当包みを止めるぽんぽんも、ほら、こんなに綺麗な色!!

IMG_5032.JPG

 

彩菜は今度金時草で、パジャマかエプロンを染めてみようと思います。

 

FOLLOW US