火花

image

2015年上半期の芥川賞受賞作品。

流行すると手を伸ばしにくいもので、

1年以上経って、今頃やっと一気読み。

 

又吉さんが太宰治のファンだ、

ときいていたので恐る恐る読んだけど、

よく考えてみれば太宰の作品は、

ほとんど読んだことないのでした。

 

ビートたけしの小説を連想させる、

読みやすくて、温かみがあって、

誰にでも伝えようとする姿勢が、

又吉さんの作風なのかなと思いました。

 

作者がお笑い芸人ということで、

どうしても斜めに見てしまうけど、

悔しいくらい面白かったです。

 

面白かったら悔しいという意味で、

まだ読めていないのは

「世界から猫が消えたなら」

です。

 

鬱々。

FOLLOW US