春の薬膳

気温が徐々に高くなり、風も優しく温まって、春の訪れを感じますね。
自然界の陽気が徐々に増して行くにつれ、昼の時間が長くなり、
冬の間地面の下でじっと力を貯めていた植物達が次々と芽生えます。
薬膳では人間も自然界の一部だと考えるため、体内は春の陽気に応じて
外へ、上へと発散して活動的になって行きます。
春はデトックスの季節。
冬に貯めたいらないものを解毒するためには、春らしい苦みのある山菜を。
たらの芽、うど、ふき、こごみ、菜の花、うるい、筍。。。もう、書いてるだけでお腹がなりそう!
もやし、アスパラガスなど、上に向かってどんどん伸びる食材も積極的に摂りたいものです。
特に筍、うど、ふきのとう、せりは、高血圧や精神的に落ち込みやすい人におすすめ食材。
春の悩みと言えば、花粉症やアレルギーですね。
ひどい方は、この時期だけも小麦粉、白砂糖など精製したもの、乳製品は控えたほうがよさそうです。
先日、わたしの店で「春のデトックス薬膳勉強会」というのを開きました。
薬膳茶の先生とコラボで、春の薬膳料理とお茶のペアリングをしながら、日常に役立つ薬膳講義。小麦粉の変わりに、米粉麺を使ったり米粉のかき揚げも作りました。
とても楽しい時間だったので季節を変えてまた開催したいと思っています!

翌日には韓国薬膳=韓方を学ぶため、ソウルへ。
お医者さまのご家庭にホームステイさせていただき、韓方のすごさを体感してきました。
というのも、ちょうど体調を崩し、咳が止まらず食欲も無くなり体力が落ちる一方で。。
でも、美味しいものを食べ続けて、見事復活!!!

spring01

ずっと止まらなかった咳には、梨、大根、生姜を適当に切り、桂皮(シナモンスティックでOK)を加えて水から1時間ほど煮たスープ(具は出し殻なので捨てるそう)にハチミツを入れて飲み続けるとよく効きました。ホームステイしたご家庭に代々伝わる処方は、これ。

spring02

大ぶりの梨をくりぬき、中にトラジ(桔梗の根)のハチミツ漬け、生姜、豆を取り除いたもやし、ナツメを入れて蓋をし、1時間以上蒸したもの。コレも効果てきめんだったなあ〜〜

この時期のソウルは私には寒くて寒くてまいにち厚着で出かけたけど、ソウルの女性たちは結構薄着で、靴下さえも履いてない人もたくさん居てびっくり!
冷たいフレッシュジュースや氷入りのドリンクも普通に飲んでるし(中国の薬膳では考えられない!)、、でもみんな元気そう!
やっぱり、身体を温める食材を常に食べているからかなあ。

薬膳では、日本人のほとんどは冷えていて、世界一胃腸もデリケートと言われています。
中国の薬膳、韓国の韓方を学びながら、日本人ならではの食養生を見つけるべく、これからも趣味の薬膳研究に励みたいです。

青山有紀

FOLLOW US