出かける時は、忘れずに。①

(前回に続きます。)

 

トリバです

 

デジタルカメラ、そしてアイフォンの進化が、

写真を撮るという行為のスタイルを変えたと言ってもいいでしょう。

 

そして、写真を撮る意味も変えたと言ってもいいのかもしれません。

 

以前は、メモ代わりに写真を撮るということはありませんでしたが、

今は写真自体もメモみたいな扱いになってしまっているような気さえします。

 

なので、

今回の旅は、フィルムカメラで行ってみようと思ったわけです。

 

準備の時から、まあいろいろ制約がありました。

 

ボタン電池の手配、

フィルムを何本、どんなバリエーションで持っていくか。

 

もう、なんやかんやで、手間もお金もかかるわけです。

 

なんか、フィルムカメラが廃ってきた理由も微妙にわかってきたような。。。

 

普段からフィルムカメラが好きなのですが、

旅行に持っていくことを決めただけで、

なんだか普段の僕の「カメラ・ライフ」ってアマいんじゃないの?

なんて思い始めてしまって。。。

 

さらに、もう一台カメラ持って行こうかなと思いはじめて、

それだったら前から使いたかったカメラ買おうみたいになって。。。

 

もう、なんか訳が分からなくなっちゃって。。。

 

結局、フィルムも2種類。

 

それも、新たに買った方のカメラのフィルムが国内にはなかなか見つからず、

クロアチアから送ってもらうという始末。。。

それも、白黒。

 

もうね、そもそもの気合の方向性とずいぶん変わってしまってるわけです。

 

カメラ屋の親父は、フィルムなんてどこにでもあるよ!

と言ったのに、

どこでもって、クロアチアのことかよ。。。

 

もう、意地ですよ、意地。

 

さて、気を取り直して、出発したのですが、

羽田空港からもうトラブルです。

 

IMG_8324 (1)

 

レントゲンを通してもらいたくないと言ったら、

一個一個開けている。

一本一本調べてる。。。

 

この先、

何回荷物チェックがあるかわからないですが、

気が重い。。。

とても重い。。。

 

日本のレントゲンは、きっと優秀。

他の国のレントゲンは、きっとストロング。

 

撮る前のフィルムがレントゲンで感光するならまだしも、

撮った後の写真が感光することを想像したら、、、

 

まあ、放射能なら日本も負けてませんがね。。。

 

さて、

そんなこんなでどうにか旅行に出て、

いっぱい写真を撮りました。

 

でもね、なんか途中で綺麗な景色見ながら、

自分にとって何が大切なんだろうとか考え始めてしまったのです。

 

そうしたら、

普通に景色を撮っている写真とか、

あんまり重要じゃないな、

いや、無駄かも。

くらいに思い始めてしまったんですね。

 

自分の目で、長い時間景色を見ていたいような気がするし、

本当に好きなものだけは写真に残したいなとか、

もうノイローゼみたいになっちゃって。。。(笑)

 

その結果、最後の方はカメラも持ち歩かず。

 

最後の方だったので、

多少の撮影済みフィルムが残ったから良かったものの、

実際に現像した写真の枚数は、

アイフォンで「ちょこちょこ」撮ったと思っていた写真より少なく、

 

フィルム2本は、装填を間違えて写ってなかったし、

 

000394600001 000394600009

 

新しく買ったカメラは古すぎて隙間があったようで、

右側の一部が感光しちゃって、

いつの時代の写真かわからなくなっちゃってるし。。。

 

000394580002 000394580006 000394580007

 

普段の「カメラ・ライフ」がいかに甘かったか、

わかってしまいました。

 

これからは、もっと気合い入れて写真に向かいあおうと思います。

 

あ、ちなみに最後の空港でレントゲン係の人と揉めに揉めて、

 

係  ノープロブレム!

ぼく イエスプロブレム!

係  ノープロブレム!

ぼく イエスプロブレム!

係  ノープロブレム!

ぼく イエスプロブレム!

係  ノープロブレム!

ぼく イエスプロブレム!

 

もうチャクラが開くか!ってくらい、

トランス状態で怒鳴りあって、

どうにかハンドチェックしてくれることになったら、

ほとんどチェックなしにスルー。

 

もうね、何が何だかね。

 

 

 

FOLLOW US