冬の薬膳

師走のせわしない中、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
仕事はやること満載だし、忘年会も楽しみたいし、大掃除もあるし、
わたしも時間が足りなくてひーひー言っております。

こんな時こそ大切なのが【食養生】。

今日は冬の薬膳について書きたいと思います。
ご存知のとおり、冬は陰が極まり気温が最も低い季節。
冷えで気血の流れが悪くなるのに加え、
エネルギーを蓄えるため、代謝が抑えられます。
だからこの時期は少し太るのが当たり前。
無理して痩せようとすると来年迎える新しい春に
バランスを崩す原因になるので冬のダイエットは避けましょう。

身体を温める食材の代表は、生姜、ねぎ、体温が高い動物のお肉(牛、鶏、羊、鹿)、
こしょう、山椒、唐辛子。シナモン、八角、フェンネルなどのスパイス類も。
鶏肉をカリッと焼いて、ネギ生姜だれをかけるのはとってもおすすめの献立です。

身体を温めて発散させて余計なものを溜めないのが冬の食養生のコツ。
ちなみに生姜は生の方が解毒作用が高いのでわたしは生姜のすりおろしもよく料理に使います。

140924s28_1170

(写真は「青山有紀のおばんざい定食」より)

 

外気が冷たい分、肌表面は寒いのですが、タバコ、お酒、辛いもの、過度のストレスは熱に変化して体内にこもるので、心当たりある人は熱を冷ます食材も意識して摂りましょう。大根、白菜、ごぼうはとってもいいです。

喉の痛みなど炎症がある人は、大根おろしの絞り汁が効きます。梨を一緒にすりおろすのも効果的。
お茶なら菊花、桑の葉、ミントがおすすめ。
春に花粉症になりやすい人は揚げ物を避けるといいみたいです。

ちなみにメタボを気にしているなら、揚げ物だけでなく生もの、冷たいもの(お刺身など)も
肥満の原因になりやすいので控えるといいでしょう。

冬は木々が葉を落とし、何もなくなったかのように思えるかもしれませんが
土の中では新しい芽を出す為にしっかりとエネルギーを蓄えています。
春になるとその力でデトックス食材を生み(山菜や筍など)、それを人が食べると
冬に蓄えたものを気持ちよく解毒出来るという仕組みです。
自然って本当にすごいですね!

気持ちの良い新年を迎えるために薬膳の知識が少しでもお役に立てれば嬉しいです。
来年もどうぞよろしくお願い致します!

青山有紀

FOLLOW US