High BASIC

みなさん、はじめまして。

私はBEAMSのウィメンズレーベルである<Ray BEAMS>でディレクターをしている、

濱中鮎子と申します。

これからお付き合い宜しくお願いします!

と、挨拶はこの辺で。

『dia STANDARD』、このフレーズを聞いて、

丁度今ベーシックを掘り下げて世の中の女子に提案したいなと思っていた私は、

ものすごく興奮したのです。

”High BASIC”というキーワードでそれを展開していこうとしている最中でした。

モノが溢れる時代と言われて久しいですが、私はだからといって、

欲しいものがすぐ手に入る世の中になったなんて全く思っていません。

”いいもの”は絶対暮らしの中に存在するものだし、

例えば祖母が大事に60年使っていた竹籠のお弁当ボックスなど、

今、同じ佇まいのそれを手に入れたいと思っても手に入らない。

IMG_4947

60年の歴史が必要になる。

青々とした竹製品を眺めながら、ぼんやりそんなことを思うのです。

いつ譲ってもらおうかと狙っているのですが。笑

ファッションに携わる身としては、この目まぐるしい消費社会にあり、

何をベーシックに、何をスタンダードとしたらいいか、いつも考えています。

でも難しく考える必要はないんだなと最近思います。

きっと人は、それぞれの暮らしの中で”My BASIC”を作る。

永く愛するモノと、気まぐれに愛するモノを上手に分ける。

気まぐれに愛するモノがあるからこそ存在する、変わらぬ温度で愛し続けるモノ、

それが”High BASIC”の定義ではないかと考えます。

私は毎年トレンドを追う仕事をしていますが、

それでも毎年リピートするものがあります。

私にとってのスタンダード、つまり”High BASIC”なアイテムは

<VANS>の白だったり、

IMG_2592

シルバーのインディアンジュエリーだったり。

IMG_8680

それはトレンドとは全く別軸のモノ。

これまでの人生や、出逢った人や、

暮らしてきた環境だったりが影響しているわけで。

それらがあるからこそ、私は存分に気まぐれアイテムを愛することが出来るのです。

愛する人にとっての”High BASIC”ではあり続けたいですけどね、、、。

そこ気まぐれだと困ります、、、。

そんなわたくしですが、宜しくお願いします!

IMG_2529

ayuko

FOLLOW US